カスタマーエンジニアってきつい?楽なの?底辺・つらい?CEの本音

カスタマーエンジニアってきつい?楽なの?底辺・つらい?CEの本音 カスタマーエンジニア

✅よくある質問

カスタマーエンジニアどこがきついの?

カスタマーエンジニアって底辺の仕事なの?

きついって聞くけど、外回りだしなんじゃないの?

文系の自分にはきついんじゃないか…

カスタマーエンジニアの仕事ってこの先大丈夫?

このようなご質問にこたえます^_^

また、このブログ内にもカスタマーエンジニアのカテゴリがあるので、他の記事も参考になるはずです。気になる方は、見てくださいね^_^

カスタマーエンジニアのボンが、カスタマーエンジニア(サービスエンジニア・フィールドエンジニア)での経験を、まじえて詳しく解説します。

 

ぼん
ぼん

この記事を読めば、あなたにとって、きつい仕事なのか

がわかります!カスタマーエンジニアが自分に合うか?他の仕事にするか?を決断してあなたの人生を前に進めてくださいね。

また、最後まで記事を読んでいただけると、働く前の知識として、約80%の内容を知ることができます。

✅この記事の信頼性

私ボンは、12年以上カスタマーエンジニアとして勤務
代行店・メーカー勤務の両方を経験。
<パソコン関連4年・プリンタ機器2年・業務用パソコン関連6年で勤続中>

 

カスタマーエンジニアってきつい?楽なの?底辺・つらい?CEの本音

結論を先に言ってしまうと、

  • 仕事内容はきついと考えて!
  • 残業・休日出勤は、今後なくなる
  • 外回りは気持ちが楽です!
  • 文系はむしろ むいている!
  • カスタマーエンジニアの仕事はなくせない

となります。
ここから、深掘りしていきましょう

きついと考えておこう!

まず、「カスタマーエンジニア(フィールドエンジニア)が楽?きつい?」かどうかに答えます!

ぼん
ぼん

きついかと聞かれたら、きついです

 

 

辞めた経験者たちが、きつい底辺つらい不規則。と言っているのは、嘘ではないでしょう。しかし、正しく知って、正しく恐れましょう。

「きつい」…具体的には、以下の通り!

  • カスタマーエンジニアは最初の1年は研修。体は楽だが、座学がきついです…
  • 覚える事が多い。(客先のルールや機械のこと…つらい
  • 残業は日によって差がある
  • 夜間作業がある底辺ってこのことでしょうね…)
  • たまに重たい機器を持つ事もある

僕の働いてみた感想は、世間の評判は悪いけど、きついと思って働くと大したことない!ってのが感想でした。

きつい時期は、最初だけです。

きつい…の質が変わってくる?

本当にきついの一年目くらいでした。

最初は勉強ばかりで、機械を触らず知識を入れていく日々…パソコンが好きじゃなかったので余計ですね^_^

2年目以降になると、自由に機械を触らせてもらえます。いろんな事をやらせてもらえるようになり、お客のところにも行く事で、楽しさが上回ってきます。

具体的には、

  • 徐々にお客さんと仲良くなってくる
  • 修理が理解できてくるので作業が早くなる

こうなると、「きつい」から 「楽しい」になってきます。

逆にずっと慣れない事もあります。

  • 直接怒られて落ち込む
  • 大きい仕事で緊張する

これらも、ストレスも大きいですが、その分の達成感もあリます。これがきついと感じるかたが、辞めていくのでしょうね。

しかし、修理に自信がついてくると、お客さんが怒っていても、修理終わりには笑顔できるゴールが見えてくるので、気にならなくなってきます。

繰り返しになりますが、きついのは、最初の1年ぐらいなので、ここを頑張れば続けられます^_^

カスタマーエンジニアのお給料は?

カスタマーエンジニアのお給料は?

ここでは、カスタマーエンジニアにとっても大切なお話。お給料です!

差があるのですが…一般的に、コンピュータ関連のCE30代であれば
25万から35万という、少し多めのお給料です。僕は35万くらい^_^

カスタマーエンジニアの平均年収は、
平均  約500万円と言われています。

実際は500万円から800万円くらいが多いかな。

昨今の景気からすると、わりともらってる方かもしれませんね。

設置や入れ替え作業が増えると、
1ヶ月でプラス5万円〜10万円ほど変動する事もあります。

僕は去年、約700万円ぐらいでしたね^_^

カスタマーエンジニアの年収については別の記事で詳しく解説していますので、気になる方はこちらの記事をどうぞ^_^

カスタマーエンジニアで年収400万円以上になる方法があるんですが…
転職をお考えですか。 この記事では、カスタマーエンジニアの年収。転職のメリットを掲載しています。 カスタマーエンジニアの年収が知りたい方に必見の記事です。

カスタマーエンジニアにどんな人がむいてるの?

カスタマーエンジニアが向いている方は

技術力よりも、社交性がある人が向いています!

理由は、お客様と話をすることがとても多いからです^_^

詳しく見ていきましょう!

カスタマーエンジニアがオススメな人(きついと感じにくい人)

  • コンピュータやメカが好き
  • 人と接する事が好きな人
  • 車の運転が好きな人
  • 本を読むのが好きな人

これらの人は向いています。

ちなみに、車好きな人に朗報!車は乗り放題です。

カスタマーエンジニアにオススメできない人(きついと感じる人)

  • 対人関係が苦手な人。
  • 脚立に登れない人。
人と接するのが嫌いな人は向いていません。でも、コンピュータスキルが高い人は、強みを生かしてやっていけるとも思います。

繰り返しますが、基本はコンピュータのスキルよりも社交性が大切だと思います^_^

 

カスタマーエンジニアの残業・休日出勤は今後なくなる

とくに大手企業は、残業や休日出勤はどんどんなくなってます!

理由は、働き方改革の影響を受けて日本の方針に従う必要があるからです。

よくカスタマーエンジニアが底辺と言われる

  • 残業が多い
  • 休日に電話がかかってくる
  • 夜間作業がきつい

は、2年前までカスタマーエンジニアの情報としては正しいです。しかし、「働き方改革」
の影響もあり、前のような事はなくなってきています。

もちろん企業の差はあると思いますが…

私の友人の会社などあわせて、3社とも同じような状況ですよ。

業界全体で残業や休日出勤は無くなりつつあることが伺えます。

外回りだから楽!

外回りならではの楽しい所も、もちろんあります。

それは、要点さえ抑えていればある程度自由だからです。

  • 車などの移動の時間が自由
  • 好きなタイミングで休憩
  • 遠い場所に行った時は、お出かけの下見をする

遠方の仕事の時は、美味しいものを食べたり
買ったりしてプチプチ旅行のような時もあります。

あと、ずっとオフィスにいなくてはならない!と言うことではないので
内勤の人を見ると、「かわいそうに…」と思うこともあります。

やはり、外回りは息がつまらないので楽!

文系はむしろ カスタマーエンジニアにむいている!

文系の人は長いスパンでみるとむいています!

なぜかと言うと、本を読むことに抵抗がなく勉強熱心だからです。

私には、前の会社で超超すごい人がいました。
前職は不動産関連。文系出身でしたが、修理技術では異彩を放つほどスキルが高い方でした。

私はその方を今現在も尊敬しています(^○^)

なので、文系の方も向いています。

カスタマーエンジニアの仕事はなくせない

カスタマーエンジニアの今後は?

カスタマーエンジニアの仕事は今後もなくならないでしょう!
それは、IT化が進めば進むほど、インフラ的な立ち位置になる業種だからです。

どんなに、リモートサービスやAI(人工知能)が進化しても、修理は訪問しないとわからないんですよね…

見てみないとわからないってこと、ありますよね?

結果、カスタマーエンジニアはなくなることは、ありえませんね。

カスタマーエンジニアの今後については、別の記事で詳しく解説しているので、気になる方はどうぞ。

CEが5年後くる理由!カスタマーエンジニアの将来性? 高齢化が鍵!
カスタマーエンジニアの将来性についてお調べですか。 この記事では、カスタマーエンジニアの業界の動向や高齢化における需要の高まりについて解説しています。 カスタマーエンジニアで働く方には必読です。

 

カスタマーエンジニアの仕事内容は?

なぜ仕事のやりがいが強くなるのか

ここからは、仕事内容をチェック!!

カスタマーエンジニアの仕事…

一般的に言われてる仕事内容をまとめると、

お客様の環境で修理作業・点検・問題解決することです。

ここからは仕事内容をパターンに分けて流れを見ていただきます。

↓↓↓下の例は実際の訪問した時の流れです。

<カスタマーエンジニア・機器修理作業編>

  1. 朝、お客様のPCが電源が入らない事に気がつく
  2. お客様は午後にはPCで見積書を作成し発送しなければならないので、修理会社に電話し、CEを依頼
  3. 数時間後に、CE到着。

おっそいなー!仕事にならないんだ。早く治してくれ!

ぼん
ぼん

ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。早速、PCの状態を確認します。

 

 

  • カスタマーエンジニアは修理を行い、動作確認をする
  • 顧客にも動作確認してもらう。

やっと使えるわーありがとね。

ぼん
ぼん

大変お待たせいたしました!ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

 

 

こんな順調に毎回、終われるわけではないですが…
基本的には、こんなかんじ!

<カスタマーエンジニア・新規導入作業編>

  1. SE(システムエンジニア)や営業とお客様の所で打ち合わせ
  2. 別日にSEと機械の取付作業を行う
  3. お客様の会社(従業員様を集めていただき)へ新しいシステムの使い方を説明を行う
  4. 運用が始まっても、質問や不具合に対応していく

まあ、想像通り?だったかもしれませんが、大まかに2つ、例をあげさせていただきました。

カスタマーエンジニアというのは、
お客様と接する「」としての役割と、「技術者でもありインストラクター」のような側面もあります。

もちろん、どのカスタマーエンジニア
最初は機器のことを少しずつ触りながら、
自信をつけて、徐々に説明ができる様になります。

基本的には、カスタマーエンジニアの仕事は修理・点検!ですね^_^

カスタマーエンジニアの提案営業編

余談ですが、提案営業をする会社もあります。

カスタマーエンジニアはもしくはセールスエンジニアと呼ばれます。

カスタマーエンジニアはお客様と直接あう機会が多く、信頼感を持っていただいてます。

ですので、お客様の方からよく「悩み」や「問題」を相談されます。
ここで製品やシステムを「最近こんなん出たみたいですよー」と提案する。

すると以外にもCEを信頼してる場合、製品を簡単にご購入されます。

また、お客様の故障機が古い場合は、

機器を入れ替えしたいけどいくらかかるかな…

とよく相談されます。

お客様からすると、

売り込んできたり、飛び込んでくるより営業より、顔を知っている・機器を熟知しているカスタマーエンジニアの方が信頼できる

 

と思われるようです。

カスタマーエンジニアのもう一つの大きな仕事は、コミュニケーションしながら問題解決することです。

 

カスタマーエンジニアの技術力がつくか不安? キャリアパスは?

技術面が不安?

CEは最初は、「修理」がメイン。そして歳を重ねていくと、いずれ管理職となります!
実際、どのような年数でスキルやポジションをあげていくのでしょうか。

ここでは、定年までの大まかなスケジュールを説明いたします。

必要最低限の技術力は1年あればOK!

技術力が付くというのは3〜5年くらいの長期間で考えましょう。
テクニカルなところは時間が解決してくれます。

今回は、私の経験したコンピュータ系だと、大半のPC機器は1年頑張れば対応できる事がほとんどです。

(早い方なら半年。遅い方でも1年あれば誰でも基礎ができます。)

1年未満が大変…でも焦らないで

はじめでもお伝えしたとおり、1年目はきついです!

2年目から10年目くらいはスキルを上げることがとても大切です^_^

5年以上になると、管理職の準備期間として数字を扱うことも増えていきます!

カスタマーエンジニアのキャリアパスは?

技術職ではあるので、業種がある程度ちがっても
下記の通り10年ほどは、純粋に外回りがメインです。

あと、定年まで外回りの人も結構いて、技術力で「神」なんですが、出世コースでは無くなってしまう方もいます。

  • 入社1年目・・・研修期間が3ヶ月から1年。勉学・ドライバー持って実習・先輩と同行がメイン。頭パンクするーーー!!!
  • 2年目から5年目・・・外回りでの修理・点検・保守の勧誘・販売営業などを実践。
  • 6年目から10年目・・・
    技術力も高い状態なので、後輩からのヘルプやクレームの対応もします。
  • 11年目から20年目・・・役職に就く人が出てくる頃になり、管理者側となる人と
    技術屋みたいなタイプの人に分かれてきます。
  • 21年目から30年以上・・・一方は、役職の地位は課長から部長となり、技術力は皆無。
    もう一方は、技術力は高いが職人気質でマネジメントはしない。

結論は、1年がきつくて2年目以降はスキルアップの日々!10年目超えたあたりで管理職ルートと技術者ルートに分かれていく!ってとこですね^_^

ぼん
ぼん

出世  or    技術者
あなたはどちらを目指しますか???
僕は、技術者よりかなぁ…

 

会社選び メーカーはきつい?代行店の方がいい?

会社はメーカー?代行店?

選択肢は大企業の一択です!理由は、中小企業のカスタマーエンジニアは、労働環境が劣悪なところも残っているからです。

私も最初は中小企業のカスタマーエンジニアでした。最初の半年で心身ともに疲れ果ててしまった記憶があります。

今から転職を考えるのであれば、大企業にしときましょうー!

カスタマーエンジニアの別名?

カスタマーエンジニアはいろんな名前で募集されていて、分かりにくい事が多いです。

ここでは、よく見かける、呼び名をまとめました。

求人を探す時は、参考にしてくださいー

  • FE・・・フィールドエンジニアフィールドサポート(外回りの意)
  • CE・・・カスタマーエンジニア(顧客回りの意)
  • オンサイト業務オンサイト保守・・・(現場の意)
  • 出張修理 ・セールスエンジニア・・営業も必要
    (これは、注意。修理技術はほぼなくても良い場合あり。企業の認識によって様々)

これらは、呼ばれ方が異なるだけで全て同じような勤務形態です。
(販売をエンジニアがするかどうかは差があります)

上記のように、呼び方は様々ですが、同じ仕事内容なので探すときに参考にしてくださいね^_^

カスタマーエンジニアに転職したいけど 求人情報はどこがいいの?

求人情報サイトなどは、大手のサイトにしましょう!

なぜなら大手の企業の求人が比較的多いからです。

大手の企業に入社する事ができれば、メーカー正規のカスタマーエンジニアとなれます。

意外かもしれませんが、この差は大きいんです。大手のカスタマーエンジニア会社なら、しっかりとした新人研修があったり、社員へのサポートや福利厚生も充実しています。

中小企業採用された場合は、だいたいが代行店(SSP)として会社に入り、大手企業のサポート要員として働く事になります。
(月々のお給料制と個人事業主扱いでの歩合制が多いです)

代行店の場合はメーカー研修などのサポートが手薄かったり、
「1件あたりの修理で**円」といった働き方になる事があります。

もし、採用の担当者と会える機会があるのなら、カスタマーエンジニアの1日の流れ・研修の体制はあるか、
代行店ではないか、修理件数によって給料が変動するのかは
確認しましょう!

私は、代行店もメーカー社員のどちらも経験しています。

代行店はメーカーから見れば、別会社扱いなので、肩身の狭い思いをする事があります。

ですので、求人サイトは大手の求人サイトで探し、大手企業への就職をオススメします。

※カスタマーエンジニアの転職については、もっと詳しい記事がありますので気になる方はこちらをどうぞ。

求人・転職サイト3選!カスタマーエンジニアで身につくスキルはコレ!
カスタマーエンジニアの転職についての情報をお探しですか。 この記事では、転職サイト3選、カスタマーエンジニアで身に付くスキル、行動理由を説明しています。 カスタマーエンジニアの転職をお考えの方には必読です。

 

コールセンターとの連携

コールセンターは、カスタマーエンジニアからすれば、神の声。連携がとても大切です!

なぜなら、コールセンターは電話越しにリモート作業を行い、ハード的な問題はカスタマーエンジニアが訪問します。
両者が協力してお客様の問題解決をします。

コールセンターの人といかに連携できるかが、早く解決できるポイントです。

ってか、早く仕事終えて帰りたいですよね?
なので、神の声なのです!!

まとめ

いかがだったでしょうか。
カスタマーエンジニアに関わる事を
網羅的に説明させていただけたかと思います。

まとめると

  • 仕事内容はきついと考えておく!
  • カスタマーエンジニアの残業・休日出勤は今後なくなるでしょう!
  • 外回りだから
  • 文系はむしろ カスタマーエンジニアにむいている!
  • カスタマーエンジニア仕事はなくせない

でしたね。

これは、私の個人的な見解、実際の声でもあり、同僚や友人の話をまとめたものでもあります。
ぜひ、参考にしてくださいね^_^

あと最近は、リモートワーク主体の世の中になっていますが、まだまだリモートではできない仕事が、たくさんあります。

カスタマーエンジニアは、業種ごとの専門的な技術なので、リモートやAIにとって変わられる事がないのが強みです。

実際、コロナ禍の今でもカスタマーエンジニアの仕事は無くなりませんでした。

もし、就職転職をお考えでしたら、カスタマーエンジニアはおすすめです^_^

皆さんの人生が明るく楽しくなる事!

また、この記事以外の事でも、わからないところなどあれば、コメントをくだされば、お応えさせていただきます!

本当にお気軽に、本サイトのコメント・Twitterでもいいので、メッセージくださいね^_^

あやしいメルマガとかやるつもりはないので安心してくださいー^_^

長文のお付き合いありがとうございます!

おわり!!

 

カスタマーエンジニア
シェアする
vonblog
タイトルとURLをコピーしました