ハローワーク求人はやばい!まともな求人がない?ブラック企業が多いからやめとけ!採用に真剣な会社の探し方!

やばいブラック企業はやめとけ!採用に真剣な会社の探し方!転職ノウハウ

ハローワーク求人はやばい!まともな求人がない?ブラック企業が多いからやめとけ!採用に真剣な会社の探し方!

ハローワーク求人はやばい!まともな求人がない?ブラック企業が多いからやめとけ!採用に真剣な会社の探し方!

 

「ハローワークにはまともな求人がない!」

こんなことがよく言われていますし、私も同感です。

あなたはどうですか?

よく聞くのは

・なぜハローワークにまともな求人がないの?
・ハローワークは物足りないし転職サイトは派手。実際の求人に違いはあるの?

みたいなのが多いと思います。

そこでこの記事ではそんなハローワークについての疑問を、

・ハローワークで転職→失敗しやすい
・転職サイトで転職→成功しやすい

という観点から、わたしの転職失敗から学んだ事を、これから未来へはばたく方へお伝えできればなと。

 

具体的には

  • ハローワークに求人をだす会社の状況はやばい
  • 校正がゆるいからハローワークでまともな求人がないのは仕方ない
  • ハローワークでまともな求人を探す方法を考える
  • ハローワークと転職サイトを比較するとみえてくる差

の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

5分くらいで読めますし、

まずはご一読を!

✅執筆者紹介

ボンブログプロフィール

まともな求人がない!ハローハローワークに求人をだす会社の状況はやばい

なぜ?ハローワークにはまともな求人がないのか?

なぜやばいブラック企業はハローワークで求人をだすのか?

(おすすめの転職方法は後半で)

 

その理由は大きく2つあります。

  • 求人掲載が無料だから
  • 掲載するための校正(審査)が事実上ゆるい

(ハローワークは厚生労働省が運営する組織)

 

だからブラック企業側は利用料金などはなく、

「誰でもおいで」の状態です。

 

したがって、求人採用に

本気じゃない企業

も、ハローワークを多く利用するんです。

 

「新人に期待もしない。

そこそこな人来てくれればいい・・・」

くらいの考えの企業だと、期待も低いので、待遇も低くなります。

結果として、求人の質が悪いものが多くなります。

 

ハローワークで求人を探すとほとんど条件が合わない!なんてことが起こるのもこれが原因です

探す手間ばかりかかって、まともな求人が見当たらないのは意識の低いやばい企業が多いからです。

 

ハローワークにまもともな求人がないのは求人の掲載無料だから

ハローワークの最大のメリットは、求人を出す企業が無料だと言うことです。

企業側も求人に予算を作らなくていいから会社としてはありがたいですよね。

 

会社の誰かひとり、時間さえ作れれば手続きしにいくだけですから…

無料のメリットはほとんどの企業からして魅力的ですもんね。

 

ハローワークは求人掲載するための校正(審査)がゆるい

ハローワークは求人掲載するための校正(審査)がゆるい

 

ハローワークの求人の内容のチェックがひっかかることはほとんどありません。

本当に校正してるのか?と思う求人も多いです。

これも要因として、

「無料」の影響が大きいです。

無料だから求人を出す経験がない会社が多くなる

だから経験がないから何を書いていいのかわからずミスだらけ…

ミスだらけなので、求人が大量になり校正がゆるくなる。

結果…無料だから校正がゆるい

ということになります。

 

ハローワーク全ての求人が悪いわけではありません。

まともに頑張っている優良企業も含まれています。

 

しかし

まともな求人は、すぐに決まってしまうので
結果的に少なくなってしまいます。

 

時間がたてばたつ程、ブラック企業の比率が増えてしまいます。

こんな不利な状況での勝負は、すべきではないですよね。

 

まともな求人がハローワークにないのは、
求人を無料で出せることが要因で
モチベーションが低い企業がこぞって求人をだしてしまう。

その結果、まともな求人に当たる確率は下がるので見つけるのが難しくなります。

ここで転職サイトが思い浮かぶかもしれませんね。

次は転職サイトについて解説します。

まともな求人を探すなら ハローワークをさけ転職サイト一択

転職サイトはハローワークに比べると、断然求人の質も数もあがります。

なぜ求人の質があがるかというと・・・

求人採用に真剣な企業は、

「まともな人材がほしい・・お金がかかっても仕方ない」

と考えています。

 

一般的に、

企業が転職サイトに求人を掲載するためには、
どんなに安くても

【約10万円以上/1ヶ月】かかっています。

※ちなみに転職エージェントの場合だと
【採用者の年収の3割】を企業が支払うことになります

 

企業が人にお金を「かける・かけない」の違いはなんなのでしょう。

 

それは、

人を育てることに本気なのか?

という事と深く関わってきます。

 

お金をかけられない企業だと、
入社してからの教育もない事が考えられます。

反対に、

お金をかけてくれる企業なら、研修や資格取得に予算や時間を作っているので成長していくことができます。

 

転職サイトを利用してる企業というだけでも、

会社自体の体力(資金力)がある!

ということのひとつの目安にもなります。

 

ぼん
ぼん

私の今の会社は東京で1ヶ月間、研修があり
ました。日本全国の同期とホテル生活。毎日遊んだり、前職について話したりしました。楽しいし、自然と真剣になれる環境でしたね。

新人の採用に真剣な企業に入るためには、

転職サイトから探すのがスタートライン!

その中からさらに求人を見抜く!というやり方がベストです。

ハローワークでまともな求人がないのは仕方ない

何度も人材を採用しても、すぐ辞めてしまうやばい会社は結果として
ハローワークでしか求人が出せなくなってきます。

 

転職サイトで求人を出して採用しても
2ヶ月後に辞めるかもしれないし・・・
また、転職サイトで求人を出して・・・
お金がかかる・・・

 

というのを繰り返していたら
掲載の費用は何十万円〜何百万円とかかってしまいます。
年単位で掲載するとさらに12倍の金額がかかります。

だから、ハローワークでしか求人が出せないのです。

 

すぐ辞めないような働きやすい職場にすればいいんじゃないの?

と、思ってしまいますが、

その企業にもお客さんや取引先があり、

簡単には今までのやり方を変えることができないのです

ダメな会社は簡単には変われないのか・・

働きにくい企業にとっては、
ハローワークしかないのです。

ハローワークと転職サイトの登録の仕方を比較してみた

ハローワークの登録の仕方

  • インターネットで求職情報を入力して仮登録
  • ハローワークに14日以内に直接行く
  • 相談窓口で求職申し込み手続きを行う
  • ハローワーク受付票を発行してもらい登録完了

転職サイトの登録の仕方

  • インターネットで求職情報を入力して会員登録

どちらも、インターネットで登録はできるのですが、
ハローワークは絶対にハローワーク窓口に実際に出向く必要があります。

 

整理券をとって、窓口に並んで、順番が回ってきても・・・

ちょっとばかり横柄な相談員と手続きすることになります。

(相談員のおじさまたちがイヤイヤ対応→
わからない事を質問をするとバカにされる・・・思い出しただけで…)

ぼん
ぼん

比較しておいてなんなんですが、
ハローワークと転職サイトを比較してはいけなかったかと。笑

まとめると、
ハローワークはネットからの仮登録と出向いての本登録が必要。

転職サイトはネットから本登録するだけです。

 

 

まとめ

  • ハローワークへの求人掲載は無料だからまともな求人がない
  • 企業側の意識が低いところは避ける
  • 採用に真剣な優良企業に入るには、転職サイトから探すこと
  • 人が辞めていく会社は
ハローワークにしか求人が出せない
  • ハローワークはネットからの仮登録と出向いての本登録が必要
  • 転職サイトはネットから本登録できてすぐ、探せる…

転職サイトで求人を探す方が、

未経験でもスキルを成長する環境が整っていたり、
採用に真剣になっている企業が多いです。

ハローワークを利用して落ち込んでしまってる方は、

昭和の制度であるハローワークを捨て、
お金と信用の競争をしている転職サイトを利用することが

何よりもの解決策ですよ。
(求職者は無料なのでどんどん使うべきです)

とはいえ、転職サイトにもやばい会社が混ざるでしょうから、
慎重に選ぶ必要があるのはお察しのとおりです。

 

あなたができることとしては、

・企業のホームページを確認する
・資本金がいくらなのか?

ぐらいはチェックしておきましょう。

あと、実際にその会社に18時から20時くらいに見にいくのがオススメですよ

退勤してる社員の顔を見ることで
「雰囲気」
という人間にしか分からない部分を感じ取ることができます。

お試しください。




今の仕事がつらい!転職したい…けど

クルシイ…けど転職なんてありえない!
ってじぶんを縛りつけていませんか。

もうすこし考えをやわらげるだけで冷静になれますよ。

「いま、どんな状況なのかを感じとる。」
ということが
次の一手につながります。

たとえるなら、
「一歩を踏み出す前に、どちらの足に体重がのってるのかを感じとる」
ということ。

具体的な方法は
「自分には、行きたい会社はあるのか」を
掘り下げてみることです!

なければそのまま頑張るしかないですが、
行きたいところがあるなら、考えるべきです。

わたしと同じ境遇だった方に向けて何かしたいと考えたのですが、
わたしの経験を伝えるブログを発信することくらいしかできないなと。

ですので、一歩を踏み出せない状況の方に向けて
「閲覧だけでも利用できる転職サイト・エージェント」
をまとめてみました。

一歩を踏み出すことになる無料登録は会社がみつかってからやればいいのです!

そもそも良い会社を
先に見つけた人が有利な世界だから見つけることが一番大事かと…

水面下でわからないように体制を整えて
動くときは一気に決める!

仕事で困っている人を影ながら応援しています。

転職ノウハウ
あなたの最悪な仕事経験を募集します!これから働こうと思ってる方への知識として共有できたらと考えています。(名前や会社は伏字にしますよ)

エンジニアでも!前の会社でも構いませんボンにブラック具合を吐露してください

もちろん、記事の中でわからないところがあれば気軽にメッセージください!

わかることでしたら返信させていただきます。

ではではお待ちしております

    ボンブログ
    タイトルとURLをコピーしました