【フィールドエンジニアはやめとけ!】底辺・きつい理由を業界13年の私が解説

 

「修理の仕事って不況でも仕事あるし、手に職があるっていいよね」
こんなことをよく言われますし、私も同感です。
とはいえ、

「フィールドエンジニアってきついのかな?」
「やめとけって言われてるけどなぜ?」

という方も多いと思います。

そこでこの記事では

そんなフィールドエンジニアの不安ポイントを、
現役フィールドエンジニアの観点からお伝え
していければなと。

具体的には

  • フィールドエンジニアはやめとけと言われる5つの問題
  • フィールドエンジニアは未経験でもホワイトな大手企業に入ろう

の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。
5分くらいで読めますし、
サービスエンジニア転職に失敗しないためのノウハウが手に入るので、
まずはご一読を!

フィールドエンジニアはやめとけと言われる5つの問題

フィールドエンジニアをやめておくべき理由は、「いつ故障(呼び出し)が起きるかわからない」からです。
この「予測できない」という特性を関係する5つの問題にまとめました。

  • 土日出勤が発生するから
  • 残業時間に出動するから
  • クレーム対応があるから
  • お客さんから直接電話がかかってくるから
  • ブラックな会社もあるから

これをみると、「やめとけ」って言われる理由もわかる気がしますね。
それではこの5つを詳しく解説していきます。

土日出勤・残業出動がおこるのは365日24時間の企業

5つのうちの2つをここでお話します。
土日出勤と長時間の残業はサービスエンジニアの中でも特殊な機器を扱う会社に多いです。

なぜなら、24時間受付し365日対応でないと困る特殊機器をメンテナンスしないといけないからです。

それだけではありません。
SES(業務委託)や中小企業だと24時間仕事を頼まれやすいです。
(もちろん深夜・早朝とかもありますよ)

最悪…

って思われたかも知れませんが、この様な目にあっている方も実際にいらっしゃるんです。

ですので365日・24時間対応のメーカーのSESしている会社は避けなければなりません。

「こんなこと…転職サイトの求人には書いてないよ…」

こんな声が聞こえてきそうですが、当然です!なぜなら、そんな事は外から見ているだけではわからないからです。

ちょっとあつくなっちゃいましたが…一旦まとめます。

  • フィールドエンジニア業界は24/365が多いから
  • SESや中小企業は仕事を押しつけられるから
  • 残業だけでなく深夜・早朝の修理対応も必要 になる

ここまででお腹いっぱいかも知れませんが、最後にフィールドエンジニアのいいところも解説します。よかったらお付き合いください。

※フィールドエンジニアとサービスエンジニアはどう違うの?と良く聞かれます。が、結論。同じです。
実際はサービスエンジニアの方が広い意味で使われると言った程度の違いです。(同じ意味と捉えて大丈夫なのでむつかしく考えなくてOKです!)

クレームの原因はお客様の悲劇

働いたことがない人ほど、クレームを嫌がるんですが、実際はクレームは少ないです。

とはいえ、たまにあるので一応書いておきます。と、その前に・・

クレームって対応されたことはありますか?

あるよ!と言う方。ありがとうございます。ない方も安心してください。
例えば・・・

コンビニ店員さんやファミレスのバイトさんが怒られてることはたまに見かけますね?

たぶん、店員さんはクレームがめちゃくちゃ多いです。

なので、アルバイトとかでご経験があるなら余裕かと思います。

というのも、サービスエンジニアのクレームの理由って機器が動かないことが95%なんです。しかも、機械が治るとお客さんの悲しみも一緒に治ります(笑)

だから、修理ができるようになるとクレームだなんて感じなくなってきます。というより、クレームを逆手にとって仲良くなることも多いです。

よく・・・・「クレーム対応で大変そう…」

って言われます。
しかし、修理の腕をあげることに専念するだけでクレームはクレームではなくなります

これで怒りが治らないってお客さんのときは、ただひたすらクレーマーの話を聞いてあげます。大抵の場合、数分間うなずきながらきいてあげれば「俺の悲しみまで、よくわかってくれる人だな!」と思われて結局感謝されますよ。

ここまでをまとめると、

  • クレームは平均一ヶ月に2回ほど発生
  • 接客業の店員さんのほうが怒られる
  • 悲劇は聞いてあげればいい

ってことですね。

直接電話がかかってくるのは[依存・信頼]されてるから

これは、たしかに油断するとかかってくるんです。
なぜなら、「信頼されてるから」
誰だって、詳しい人にききたいですからね。

でも、サービスエンジニアが動くことは有料です。
だから電話で答えてあげる必要はないです。

むしろ、お金かかりますけど大丈夫ですか?って感じです。

ですので、電話がかかってきても取らなくて良いです。

とはいえ、かかってくること自体がイヤ!って意見もあるかと。

しかし、そこまで詳しい人になるには3年から5年は必要なのではじめは心配する必要はないです。

3年間のうちに信頼をつくりながら電話をとらない行動をやっていけばOK!

まとめると、

  • 極論、電話を取る必要はない
  • お客さんから信頼されるまでは電話はかかってこない

ってことです。

ブラックな会社はSESや中小企業

結論から言うと・・・SESと中小企業はブラックの可能性が高い。
大手から仕事を押しつけられるから仕方ないのだけれど。

ブラックな状況の中で、我慢してキャリアを重ねても
給料も低いし帰るのも遅いんですよね。

「ベテラン」と呼ばれるまで耐えたら少しくらい
イイ思いが出来そうなものなんですが・・・
そうでもないのが現実。

休みの日も突然出動になるし、夜中に呼び出されることもあるので
転職活動することもできずにズルズル働いてしまう

とはいえ、断ればいいよね?っておもわれるかもしれません。
でも会社間の力関係があるから実際は断れないんですよね。

SES・中小企業はおすすめしませんし、私も二度と働きたくないものです。

まとめると・・

  • 仕事を押しつけられるからきつい
  • ベテランになってもあまりむくわれない
  • 入社しやすいけど辞めづらい

フィールドエンジニアは未経験でもホワイトな大手企業に入ろう

はじめてのIT転職だと、
「最初は小さい会社からはじめないと・・・」
「スキルがついてきたら大手に入社したい」
と、考えてしまいがち。でも実際は逆。

中小企業だと、研修制度がなかったり先輩が忙しかったりで
なかなかスキルがあがりません。

逆に大手企業だと、研修が1ヶ月から6ヶ月あるところがほとんど。
現に、今の私の会社では

・入社して一ヶ月間は座学と実習
・2ヶ月目から5ヶ月目までは先輩に同行しての研修(OJT)
・5ヶ月目の途中からは徐々に手伝いなどをしはじめる
・6ヶ月目で補助ありの独り立ち

といった状態でした。

 

私は前職もフィールドエンジニアで「経験者」。
しかし、大手企業だと経験者であってもしっかりと研修してくれました
(正直、経験者からすると簡単すぎた。でも知らないことも多々あったので非常に有益な時間でした)

しかも、大手は休日出勤や残業も少ないのに給料も多いしね!
「前の会社に残らなくてよかったぁ」って心から思いました。
働き方改革ってやつが2019年に始まってからは
「残業するなー」って言ってくれるようになりました。

大手に入社して全然出世できなくても生活には困りません。
だって、ベテランになれば年収700以上ありますからね。

まえの中小企業の部長より給料多いから、
「どこで働くのか?」が大事だなぁ・・と。
話がそれたけど、まとめると・・

  • 大手なら未経験でも研修があるから
  • 休日出勤と残業が少ないから
  • 大手はベテランになれば役職無しでも給料は高い
  • 大手は「働き方改革」のあと仕組みが変わった

ホントなの?と思われるかもしれません。ので解説しておきます。

休日出勤や時間外対応は[SES・中小企業]へ依頼するから

大手が残業や休日出勤を減らしてるのは、「働き方改革」や「労働基準法」を守りたいから。
なぜ、守りたいのかというと「働きやすいし、製品もいい!っていうブランドイメージ」を維持したいから。

ここがわかっていると、中小企業に勤めるのはつらい道になることが理解できるかと。

お察しの通りです。
中小企業やSESにバンバン仕事が流れてきます。
そして、バンバン仕事をこなしている方々が「フィールドエンジニアはきつい!」って
声を上げることになります。

大手企業に勤めることができるかどうかが
ブラック or ホワイト
を決定づけると言っても過言ではありません。

大手社員は勤務年数で能力給があがるから

先ほども少し触れたのですが、
大手の社員でベテラン(40歳以上)にもなってくると給料が多くなってきます。
なぜなら毎年、能力給や基本給が上がってくるから。

とはいえ、30代でも年収500万〜600万円ある人もいます。
しかし、見た目の数字だけ追ってはいけません。

ベテランになると言うことは、「自分の能力も衰える」と言うことです。

40代・50代と能力が落ちていくのに、
年収は上がっていく。

少し、腹立たしい気持ちになりますね。
でももし、あなたが45歳になった時にお子さんがいて
高校や大学に進学するとき。お金がいるんですよね。

大手は年功序列の会社。悪者扱いされる対象になります。
しかし、人生設計を本気で考えると年功序列で生きていけるのなら
「心配ごとは少なくなる!」

今の日本で、年功序列の制度を取り続けられるのは大手しかないかと思います。

大手は「定時帰りしたいから」人を増やしたい

「大手企業は大手社員の人を増やす必要あるの?」
と思われるかもしれません。

「だって、中小企業やSESに仕事流してるんならいらなくない?」
実際、ごもっともな意見なんですが そうもいかないんです。

と言うのも、中小企業やSESの人に仕事を依頼するのは時間がかかるんです。
どう言うことかというと、

①大手企業から依頼書(依頼メール)を中小企業へ送付
②中小企業から依頼を了承しましたと言う回答が返ってくる

大手はこの手順を踏まないと、依頼できないんです。(守らないと法的な罰則があるため)

こうやってできてくるスキマの仕事を片付けてくためにも、
大手社員の人数も一定数は必要ですよね。

ましてや、大手は「定時時間しか働かない」を死守する必要もあります。
そのためには、「大手社員を増やすしかない」
と言うわけです。

まとめると

  • 定時時間内で業務完了したいから
  • SES、中小企業に急な業務依頼ができないから

と言うことになります。

タイトルとURLをコピーしました