どうしてサービスエンジニアは資格がいらないの?必須なのは運転免許だけ?

悩む人サービスエンジニア

 

悩む人サービスエンジニアをやってみたいけどIT系の資格があった方が有利かな…

こんな疑問にこたえます。

先日こんなツイートをしました。

資格はいらない!ってなかなか大きいアドバンテージかと。

ボン
ボン

サービスエンジニアの資格がいらない理由がわかることで、次のステップにいけるのでぜひご一読下さい。

サービスエンジニアに必要な資格は?

サービスエンジニアってとりあえず資格はいらないです。

それより、自分の会社の機器を詳しくなる事が必要になります。

一般的な理論よりも、このシステムはこんな手順で作業する!みたいなことの方が大事。

たとえば、PCを修理するときだと
電源を切ります。

この電源の切り方だけでも、Windowsの「電源を切る」だったり、起動してるアプリの「システム終了」を選ぶだったりで決まっているんです。

 

もし間違えると、2度と起動しなかったりデータが吹き飛んだりします。

ボン
ボン

だからサービスエンジニアは資格よりも「個別の対応方法が理解できてるか」が重要なんです。

車の運転免許は必須

サービスエンジニアには資格はいらない!って書いておいて運転免許はいるじゃねーか!

という声が聞こえてきそうなので一応解説します。

結論→車の運転免許は必要になります。

都心部にお住まいの方は「車なんて運転しないから免許持ってないわ」という方も多いかもしれませんね。

ただ、お客さんのところまで修理に行くのに徒歩や電車では行けない場所もあるので車が必要になります。

ましてや、部品やユニット部品などを持参するので車じゃないと運べない。

っていろいろ書きましたが、サービスエンジニアの面接で運転免許を持ってなければ採用されない。

これが現状なのでどうしてもサービスエンジニアを目指すなら高額ですが免許を取ってください。

最近、自動車運転免許を持っていない人も多いらしいですね。

もし、免許をお持ちならサービスエンジニアへの唯一のハードルをクリアしているのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※運転免許持ってないけど、サービスエンジニアになりたい方は、合宿教習を使うのがいいかもしれません。

なぜなら、合宿教習は早く免許が取れるからです。しかも近所の教習所と比べると、圧倒的に安い

とはいえ、3週間ほどは自宅から離れることになるので学生さんでないと難しいかもです。

しかし、車の免許がとれたら…

レンタカー借りて他の県にバーベキュー行ったり行動範囲が広がるので公私ともに充実します。

 

どこでもいいのですが、合宿で有名どころのリンクを貼っておきます。

≫サクッと合宿で免許をとる!

ボン
ボン

サービスエンジニアで働きたい人は、どこでもいいので運転免許は取得しておきましょう。

まとめ

一般的にシステムエンジニアやインフラエンジニアなら資格必要です。
たしかにIT資格を持ってると有利!って考え方でいいと思います。

でもサービスエンジニアはあんまり関係ないんですよ。
ハードルが低く、売上みたいな関心の湧かない数字に追われないのでわたしは天職だな…と思ってます。

あなたにとっての天職が見つかるような記事を書けたら幸せです。
ではまた!

※サービスエンジニアがきつい理由が気になる方は、
≫サービスエンジニアが激務できつい理由を現役の私がポイントを押さえて解説!を読んでください。

タイトルとURLをコピーしました