サービスエンジニアはきつい?楽?底辺?つらい? 将来的にホワイトになる?

カスタマーエンジニアの今後は? カスタマーエンジニア

サービスエンジニアはきつい?楽なの?底辺・つらい? 将来的にホワイトになる?

職業 サービスエンジニア
オススメ度 ★★★★★
平均年収 489万円
主な仕事 訪問して機器の修理をする
ジャンル ITエンジニア
残業の有無 有 月20時間〜70時間ほど
必要な資格 必須:運転免許のみでも可

✅サービスエンジニアの仕事の特徴

  • サービスエンジニアはきつい!
  • サービスエンジニアの給料は残業代ありき
  • 残業・休日出勤は、少ない
  • サービスエンジニアは今後もなくならない

 

サービスエンジニアの仕事ってきついのでしょうか?

ぼん
ぼん

こんな質問にこたえていきます。

✅この記事の信頼性

12年以上サービスエンジニアとして勤務してきました。
代行店・大手メーカーの両方を経験してますので、
現場から感じることもお伝えします。

 

 

サービスエンジニアはきついと覚悟して!

サービスエンジニアは勤める会社によってはきついです。

それは、会社の業種が本当にたくさんあるからです。
コピー機・医療機器・工業用機器・半導体・工場ロボット・・・・etc
これだけ業種がたくさんあるので、中には
きつい底辺つらい不規則な会社もたくさんあるでしょう。

ただ、働き方として「きつい」のは避ける事ができます。
この3つが書かれている会社は、避けるべきです。

  • 代行店・代理店・委託契約など
  • サーバー保守(インフラエンジニア・ネットワークエンジニア)を兼任する
  • 24時間365日年中無休の企業

この3つは絶対避けましょう。
休日が仕事に汚されることになります。

サービスエンジニアの代行店・代理店はきつい…

代行店・代理店はきついですよ。

それは、親会社からの急な仕事の依頼でも対応が必要になるからです。
予定があったのに………みたいな事がざらにあります。
また、労働時間が20時間とか働く事もあります。
(親会社の残業時間削減のために代行店に依頼してきます)

私は、代行店の経験があるのでとても辛かったです。
そして、転職しています。
できれば代行店・代理店は、避けましょう。

サーバー保守は家に帰れない…独り身ならいいけど…

不規則…これに尽きますね。
サーバー保守だと、2日、3日泊まり込みも珍しくないし、夜中ぶっ通しの作業も有。
長く働くのなら避けるのがベター。

24時間365日対応の会社はきつい

コンビニみたいな会社だと、それだけの従業員が必要です。
しかし、実際そんなに社員はいないです。
24時間なので、シフトを組むと全然足らないのです。

ただでさえ、人が足りない状況になるのに、毎日残業続きで
体・精神・休日が全てボロボロにされるでしょう。

24時間・365日の業種はきついので避けて選びましょう。

サービスエンジニアにどんな人がむいてるの?

それは、コミュニケーション力がある人ですね

理由は、お客様とうまくコミュニケーションを取れるかどうかで、
対応の結果が全く変わります。
ちゃんと修理できているのに、あの人はもう来させないで!と、
お怒りを受けることもよくあります。
コミュニケーションを取れる方ならオススメします。

サービスエンジニアの今後…ホワイトな仕事になる?

サービスエンジニアのきついことの理由として、

  • 残業が多い
  • 休日に電話がかかってくる
  • 夜間作業がきつい

が有名なのですが、現在は(大手企業からはじまってきてる)定時になったら帰れるように仕組みを変え始めています。

たしかに昔は酷かった。48時間ぶっ通しで働いたこともありました。笑

しかし働き方改革の導入が始まり、改善され始めているのも事実です。

一人だから楽!

まあ、他の仕事に比べたら自由だと思います。なんてったって、基本一人ですから。

遠方に出張する時などは旅行気分な時もあります。(修理が一通りできるようになってからですが)

楽というか楽しいこともあるよ!というお話しですね。

文系でも サービスエンジニアは問題なし!

文系であっても、機械いじりが好きなら、大丈夫。
もちろん、理系であってもメカが嫌いならダメ。

これをみているあなたが、パソコンが嫌いだとは思えないです。
深いところを知らないのは、誰もが同じです。

文系だとかで分ける方がナンセンスだと思いますよ。

サービスエンジニアの仕事は今後もなくならない

今後は?

サービスエンジニアの仕事は今後もなくなりません。
それは、持ち運びのできない大型の機器の修理は、
この先もずっと続くからです。

パソコンなど、宅配できるものは修理するときに送る事ができますが、
特殊機器は、大抵がバカでかい・バカ重たいです。
現地に行くしかないですよね。

サービスエンジニアは安泰ですよ。

サービスエンジニアのお給料は?

サービスエンジニアのお給料は?

サービスエンジニアの給料は、
平均489万円だそうです。

サービスエンジニア30代であれば月25万ぐらい。

もちろん、会社によりますので求人でチェックしましょう。
ちなみにサービスエンジニアは、カスタマーエンジニアという呼び方でも求人募集されます。
カスタマーエンジニアとして、過去に書いた記事ですが、転職をお考えの方は、参考になるはずです。
気になる方はどうぞ^_^

サービスエンジニアの仕事内容は?

サービスエンジニアというのは、
修理・点検・販売などを通して、お客さんの問題解決をする仕事です。

問題解決というと抽象的ですが、
要は、困っていることを解決することです。

プリンタが印刷できなくなった→印刷できるようにする(インクを交換・消耗部品を交換・別のプリンタを貸し出しなど)
インターネットが見れなくなった→見れるようにする(回線復旧・インターネット設定・ケーブル作成など)

どんな方法でも良いので、お客さんと一緒に解決を考えるんです。
そう考えると、楽しそうだと感じませんか。

サービスエンジニアに転職したいけど 求人情報はどこがいいの?

求人情報サイトなどは、有名なところにしましょう。
なぜなら求人が多いのと、審査がある、ブランド力のない会社は掲載が難しいからです。

そんな中でも、最初に説明したのですが、代行店・代理店はやめておきましょうね。

私は、代行店も大手企業も働いた事があるので断言させていただきます。
大手企業を探すのであれば、ハローワークはやめて、
有名な大手サイトにしておきましょう。

まとめ

サービスエンジニアがきつい仕事なのかを解説してきました。

サービスエンジニアがきついのではなく、まとめるとこうなります。

  • きつかどうかは企業の方針によるので、求人で避ける事が大切
  • コミュニケーションが好きならオススメ
  • 代行店・代理店がきつい
  • ホワイトな仕事に変わっている途中だ
  • お給料は平均よりは良い

仕事の内容上、技術職なのでコンピュータやロボットに仕事を奪われることはありません。
むしろ、そのコンピュータやロボットを修理する立場になることでしょう。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

おわり!!

 

当サイトはリンクフリー

当サイトはリンクフリーです。

管理人ボンの許可なくリンクを貼っていただいて結構です。

文章・画像・スクリーンショットしてのご利用も「出典」という形をとっていただければ問題ございません。常識の範囲内でのご使用をよろしくお願いします。

カスタマーエンジニア
シェアする
vonblog
タイトルとURLをコピーしました