インフラエンジニアはきつい!やめとけ!と言われるワケ<未経験者向け>

インフラエンジニアはきつい!やめとけ!と言われるワケ <未経験者向け>インフラエンジニア

ボンブログへ来ていただきありがとうございます。少しインフラエンジニアが気になりますか?

仕事選びで疲れてると思いますので、うちのブログではリラックスして読んで笑ってやってくださいー!ではどぞ!

 

エンジニアは消耗がある

「インフラエンジニアは将来性がある!」と、言われますし私も同感です

とはいえ

  • インフラエンジニアはきついの?
  • 仕事内容はどんなこと?
  • インフラエンジニアはやめとけ!はなぜ?

という疑問も多いと思いかと。

 

そこでこの記事では

ボン
ボン

インフラエンジニアの仕事を理解いただけるよう、ITエンジニア歴12年の私が解説していきます

具体的には

  • 「きつい・やめとけ!」と言われるのはなぜ
  • インフラエンジニアのメリットは3つ
  • 資格は必須なのか?CCNAの解説
  • 未経験でも採用される会社もある

この順番に重要なポイントだけ解説します。

 

✅ この記事を書いた人

ボンブログプロフィール

ボン
ボン

4〜5分くらいで読めますし、
インフラエンジニアになるなら
知っとくべき知識がわかります

まずはご一読ください。

 

※前半は社会人でないとムズイかも。学生さんは後半からどうぞ!

 

そもそも…

裏方のインフラエンジニアが有名になったワケ

✅この動画でインフラエンジニアという言葉を一般の人でも知ることに…

ボン
ボン

インフラエンジニアを多くの人が知ることになった動画!ひろゆきさんの影響が大きい!

 



※1つだけお願い

ブログ投票に一票を希望します。
ブログランキング一位を狙いたい!

しかし今は投票不要です。
記事を見てから判断してください。 有益だったと思った方だけクリックいただければ結構です

インフラエンジニアはきつい!3つのやめとけを理解しよう<未経験向け>

インフラエンジニアはきつい!やめとけ!と言われるワケ <未経験者向け>

「インフラエンジニアのやめとけ」の理由は3つ

  • 資格の勉強がある
  • 深夜作業が多い
  • トラブル対応が大変

 

そしてこれらを一言で表現すると

時間を奪われる仕事だからやめとけ!
という事です。

 

もしあなたが、安定した収入やりがい重視ならインフラエンジニアを目指してください

もし…
ボン
ボン

定時退社できる仕事がいい方はもどるボタンをどうぞ!

インフラエンジニアに本気な人だけ続きをみていこう!

ここまで見に来られたあなたはエンジニア気質かと思います。
なぜって、「知りたい!なぜ?」って深く知りたいタイプだからです。そういう方だけ読んでくれればうれしいです。
さーて。これで冷やかしや邪魔ものはいなくなりました。
では「インフラエンジニアがやめとけと言われてるわけ」の解説の続きをします。

 

ボン
ボン

まずは
[インフラエンジニアの仕事]

から解説しますね

そもそも仕事内容がわからないと、この後の説明もわからないのでチャチャッと解説しておきます

 

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアとは

ボン
ボン

インフラエンジニアとは一般的に
サーバーエンジニアネットワークエンジニアのことです

 

2つのエンジニアをまとめてインフラエンジニアと呼ばれてます

ちなみに

インフラエンジニアのインフラは「基礎基盤」という意味ですよね

 

ですので

ボン
ボン

IT業界における基礎部分を担当するエンジニアということです

 

道路や水道、電気なんかもインフラ…ここまではよろしいでしょうか?

 

だからこそインフラエンジニアは

絶対になくてはならないしごと

ということになります。

 

 

ホクトくん
ホクトくん

ってことはどんなに不景気でもカタイ仕事だよね?

それならチャレンジしてみたい!でも…

サーバーエンジニア?

ネットワークエンジニア?

どんなことするのかな?

簡単に言うと

サーバーエンジニアはパソコンの親玉みたいなサーバーの監視・メンテナンス・ソフトを作る仕事

 

ネットワークエンジニアはコンピュータ同士の通信を作ったり監視したりする仕事です。
ボン
ボン

サーバーとネットワークの2つは仕事の内容が全然違うので

それぞれ記事があるので読んでみてね

 

ここからは「やめとけ」って言われるワケをひとつずつ解説します。資格の勉強のところから順にいくよー
  • 資格の勉強がある←ココカラ!
  • 深夜作業が多い
  • トラブル対応が大変

 

インフラエンジニアは資格の勉強があるからやめとけ

インフラエンジニアは資格の勉強ができないならやめとけ

ボン
ボン

まず、資格を勉強する気がない方はエンジニア職はやめときましょう

結局、つづかないですよ。とかいうわたしも高校生の頃は勉強しなかったけど…(笑)

 

「勉強なんて嫌だなぁ」と思われたかもしれませんが、もしかしたら、学校の勉強よりは面白いと感じるかもしれません。

 

しかしエンジニアは勉強が必須です

 

なぜなら

ITの分野は、新しい機器やシステムが次々に出てくるから
それだけではありません

 

上位の資格があり継続して取得が必要

なので勉強は必須です。ちなみにネットワークエンジニアの上位をあげるとこんな感じ。

CCT→CCNA→CCNP→CCIEと難しくなります。

Cisco検定 CCNAネットワークエンジニア一覧

 

後で詳しく解説しますが・・・
たとえばインフラエンジニアの資格で有名なのはCCNAです
このように、勉強を続けるのが嫌いな人にはツライのでやめとけってことです。
ただ、何十年も働くことを考えると長く働ける事が大切。歳をとると体力仕事は厳しそう…
勉強がどうしてもイヤな方はやめとくべきですが、イヤでなければやった方が将来は明るいでしょうね。
疑問メモ!!
ホクトくん

「CCNAは取らなきゃダメ?」

CCNAは、ネットワークにかかわる資格になります。
勉強やスクールに通うのもいいですが、やっぱりお金がかかるんですよね…現実問題、資格を取らずに先にはたらくのも全然アリです。インフラエンジニアに未経験入社できる会社もありますよ。くわしくはインフラエンジニアの未経験求人があるか調査してみたを読んでください

インフラエンジニアの仕事は夜間が多いからやめとけ

インフラエンジニアは夜作業が多いです。なぜなら深夜帯にサーバーメンテナンスをするからです。

 

わかりやすいところでいうとソシャゲWEBサイトとかです。

 

アプリ開こうとしたらこんなことないですか?

「サーバーメンテナンス中 20:00〜25:00」
ホクトくん
ホクトくん

よくみるね…サーバーメンテナンスってインフラエンジニアが仕事してるってことなんだね!

ボン
ボン

昼間は使う人が多いから夜しか電源を落とせないんだ。

ホクトくん
ホクトくん

インフラエンジニアの夜間作業が多くなる理由は
なんとなくわかったよ。
でも働くとなると夜の部はつらそうだな…

 

ボン
ボン

たしかに夜が弱い方はきついかも。

ちなみに夜間作業のない会社は
ほぼないと思っておきましょう

インフラエンジニアはトラブル対応が大変だからやめとけ

ボン
ボン

インフラエンジニアの仕事の中でもトラブル対応が一番みんなの愚痴が多いです。

 

なぜなら、予定がくずれるから。当然ですが、トラブルは予想できない上時間がかかる。これはなかなかのストレスです。

たとえば・・・

会社に出社したとたん
サーバーがエラー状態!
「緊急でエラー調べて、部品交換までの時間を教えて!」「クライアントに謝罪の電話は誰がする?!」

なんてことも。

 

ホクトくん
ホクトくん

これは大変そう…

 

ボン
ボン

こういったトラブル対応が怖い人はインフラエンジニアはやめておきましょう

インフラエンジニアは残業が多いからやめとけ

ボン
ボン

インフラエンジニアは月の残業が長時間になることも

長時間労働になる理由は

  • 人手不足
  • トラブル対応
  • エビデンス作成(作業した内容の証拠を作成すること)

などが主な原因です。

たとえば、突然の通信の不具合が発生してしまい予定の仕事と両方対応する・・・なんてこともあるからです。

 

しかも

一般的な仕事よりも、責任が重い

のでほったらかしにすることはできないです。

ボン
ボン

実際、中小企業だとサービス残業が行われていることも多い・・・

 

とはいえ、サビ残に関しては、中小企業に入らないようにすることで避けることはできます

 

✅避けるべき中小企業

  • 下請けや孫請けの企業
  • 代行店
  • 派遣社員

※代行店というのは大手と同じ仕事をする別会社のことです

 

ボン
ボン

インフラエンジニアの人手不足。
だからすぐ飛びつかず戦略的に大手企業をねらおう!

 

大手は労働基準法をゼッタイ守るからサビ残は心配なし

インフラエンジニアの年収はピンキリだから会社選びも大切

ボン
ボン

会社選びがもっとも大切だし時間をかけるべきです

 

先ほど残業の件でも書きましたが、

  • 下請けや孫請けの企業
  • 代行店
  • 派遣社員

の企業だと、年収も低いんです。

年収が高いと言われているのは、

  • 大手企業の社員
  • ネットワークスペシャリストなどの有資格者

という一部の人だけ

 

ボン
ボン

年収が高い人に入るために、
大手企業への入社を最優先に!

 

インフラエンジニアの平均年収は545万円

統計データーだとインフラエンジニアの平均年収は545万円。

 

ITエンジニアの中でも高給な方ですね。

 

とはいえ、もちろん企業によって大きく違います。(前半で解説したとおり夜勤・トラブル対応・資格取得の大変さもあるしね)

 

インフラエンジニアの年収はふつうに考えても高いですが、独立(フリーランス)している方になると1000万円以上も稼いでいます。

 

 

中小企業でのインフラエンジニアでも400万円から600万円ほどなので
ほとんどの方が年収アップを見込めるのでは?

 

インフラエンジニアの年収は少なく見積もっても将来的に500万円以上になると考えられます。インフラエンジニアのメリットは3つある

ボン
ボン

インフラエンジニアの役割と大変さをなんとなくわかっていただけましたでしょうか。

 

しかし、一方で「なぜか人気がある」のです。

 

それは

重要なメリットに気づいている人が増えているからです。

 

とはいえ、どんな仕事につくとしても、きつい部分を理解していなければ

「こんなはずじゃなかった」

なんてことになってしまいます。

 

 

この記事ではきつい仕事であることを紹介したうえでメリットを紹介していきますね。

 

 

ボン
ボン

それが、あなたの転職成功率を上げることにもつながると考えています。

 

 

話はそれましたが、重要なメリットをみていきましょう。

インフラエンジニアのメリット3つ

  • 将来性が高いので食いっぱぐれしない
  • 未経験でも転職しやすい上スキルが身につく
  • 資格取得できれば、年収が上がる

メリット①将来性が高いので食いっぱぐれしない

ボン
ボン

需要が伸びているのは皆さんもなんとなくわかりますよね。

 

 

今でもほとんどの人がスマホを持っていて、パソコンも一人一台以上所有しています。

 

 

そして、スマホなどでアクセスしている先は

「サーバー」

です。

 

 

さらにサーバーにアクセスするためにはネットワークを利用しています。

 

 

この、

「サーバー」と「ネットワーク」

がなければ、おもしろいコンテンツも、大切な手続きができるシステムを作ってもつかえません。

 

なぜなら利用者とコンテンツが交わることができないのです。

 

ボン
ボン

YouTubeで例えると

①ユーチューバーが動画をサーバーにあげる。
②ユーザーがスマホからの通信(ネットワーク)を使ってサーバーの動画を楽しむ

 

このどちらが欠けても成立しないですよね。

 

だから、インフラエンジニア「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」は必要不可欠な仕事なんです。

 

ボン
ボン

縁の下の力持ちだということです。

人手不足…ということは、今伸びにのびてる業界という裏返しでもある!ということですね。

メリット②未経験でも転職しやすい

ボン
ボン

これは意外だという方が多いんですが、未経験でも求人募集が結構あります。

 

 

 

今もインフラエンジニアが足りない状況です。

 

 

未経験であっても5年計画で育ててインフラ環境を構築できる人材を自社に持ちたいと考える企業が増えています。

 

しかも、IT業界だけではありません。

 

 

ボン
ボン

「保険会社」や「製菓企業(お菓子)」など、別ジャンルじゃない?って企業も未経験サーバーエンジニアを募集しています。

 

すでにもう、IT化はすべての企業で導入するしかないというフェーズに入っている

 

そして、別ジャンルだった企業はIT専門の企業に依頼しなくなっています。

 

「自分の会社の中にコンテンツを作るだけじゃなく自社のインフラエンジニアを育てていく」

という大手企業も増えてきています。

 

 

とはいえ、

ボン
ボン

新規参入してくる企業はまずは即戦力を求めています。

 

私のおすすめは、後々あなたが重宝される人材となるためインフラエンジニアで大手の企業に入ることです。

 

なぜなら

インフラエンジニアの勤務経験という実績が得られるからです。

 

とはいえ

ホクトくん
ホクトくん

「未経験でそんなところあるの?」

と思われるかもしれません。

 

しかし…

あります。先入観が邪魔をして探せていないだけかと。

ホクトくん

ホントにあるの?

というかたもおられると思いますので…

 

ボン
ボン

別記事になりますが、私自身が実際に会社を探してみました。

 

 

 

インフラエンジニア企業がよくわからないかたは参考にしてみてください。

インフラエンジニアで未経験の求人はどれだけあるのか調査してみた

 

 

 

また…経験はあるけど転職活動がうまくいかない!という方は

ボン
ボン

IT系に強い転職サイトをオススメします

 

 

求人が少ないところで探しても時間の無駄ですからね

 

ボン
ボン

わたしの独断で選んだので信じる必要はありませんが

エンジニア転職向けサイトランキング

を作ってみました。

 

 

※いい転職サイトがみつからないって方だけご覧ください!

 

ITエンジニアが選ぶ転職エージェント評価ランキング

 

ITエンジニアが選ぶ転職エージェント評価ランキング
...続きを読む

 

 

メリット③資格取得できれば、年収が上がる

ボン
ボン

インフラエンジニアは資格取得すればするほど、給料に影響が出る仕事です。

 

理由としては、

資格=能力

と言える業種だからです。

ネットワークの資格やサーバーシステムの資格などたくさんあります。

 

でも全部説明しきれないので、ネットワークの資格だけ説明しますね。

 

たとえば、CCNAなどの

「シスコ技術者認定」

という資格だとわかりやすいレベルがあります。

 

 

🌟エントリー<アソシエイト<プロフェッショナル<エキスパート

Cisco検定 CCNAネットワークエンジニア一覧

 

インフラエンジニアに入社すると当面は、

03のCCNAから取得していき、プロフェッショナルレベルのCCNPを取得していくことが目標になります

 

 

もちろん、初めは誰でも何もわからないです。
CCNAから少しずつステップアップ
していきます。難しく考えないようにしましょう。

 

 

大切なのは

「勉強し続ける気構え」

ですね。

 

 

教材に大金をはたいて勉強しているかたは、量よりも質を上げることを意識しましょう。

 

まだなにもはじめてないひとは、いちから基礎を学んで最短でCCNA取得ができる環境を探すべきです。

 

※0円の資格スクールという近道

CCNAスクールの授業が無料で受けられたら…って思いますか?スクールに通いはじめたら、あなたの周りの人の目も変わるでしょうね。最近はインフラエンジニアのCCNA取得のスクールも増えてますが高額なスクールがあたりまえです。

しかし、本気な人限定ですが。

無料で就職までできるスクールもあります。

デメリットになるかはあなた次第ですが、CCNA取得したら就職が必須。しかし授業料が無料ってシステム。

あなたの状況とフィットする人はネットビジョンアカデミーを利用しよう。

【ネットビジョンアカデミーはこちら】

 

 

インフラエンジニアに向いている人は?

インフラエンジニアの仕事は地味です。
なぜなら、

  • システムの設計(計画を立てる)
  • システムの構築(システムを作る・機器を接続)
  • システムの保守(トラブルが起こったら復旧させる)
  • システムの監視(異常が起こった場合のみはり役)

といったお客さんと触れ合わない仕事だからです。

 

口がうまいタイプではなく、堅実に作業を進められる人が向いています。

 

未経験の方がインフラエンジニアへ転職する時に注意すること

はじめてIT分野に挑戦するかた共通のことでもあるのですが、
注意すべきことを3点にまとめました。

 

 

  • 未経験なら資格取得の勉強をはじめておく
  • 夜間作業や休日作業があることを家族に理解してもらおう
  • 大手企業の求人を見落とさないで

ひとつずつ解説していきます。

 

 

未経験なら資格取得の勉強をはじめておく

完全未経験の方は、資格勉強を始めておきましょう。

 

資格を取らないにしても、予習しておきましょう!

 

なんとなくでも、どういった世界なのかの心づもりもできます。

 

他にも、働き始めてからの理解力が速くなる利点もあるので予習はおすすめ。

 

  • 周りから努力している人だと認めてもらえる
  • 単純に資格取得に近くなる

といった入社してからのメリットもありますし。

 

まったく何していいかわからない方はCCNAの勉強をはじめてみましょう。

 

夜間作業や休日作業があることを家族に理解してもらおう

急なトラブルや、深夜作業もあるので、ご結婚されている方などは特にご家族に説明して理解してもらいましょう。

 

忙しい時期などは、家族とすれ違い続けてしまうことも出てくるからです。

 

とはいえ、会社によっては

「母子家庭みたいになるけどいい?」

 

ってところもあるそうなので
そういったところは避けるほうがいいです。

 

 

家族にも仕事の不規則さを理解してもらうことは、後々トラブルにならないためにも大切な注意点ですよ。

大手企業の求人を見落とさないで

大手は働く環境が良いのでねらうべきです。

 

すごく雑な言い方に聞こえるかもしれませんが、見た目の給料だけで判断して中小企業に入ると過労になることも。

(給料も大手企業のほうがいいと思いますが・・・)

 

大手企業の良さは、給料以外にも、

  • 福利厚生
  • グループ会社の団体保険が手厚く安い
  • 確定拠出年金の積み立て
  • ボーナス

などなど内容も最強です。

 

 

中小企業も大手企業も両方味わっている私の経験から書いてるのですこしはわかってもらえるかと…

 

大手企業の求人が出ているか✅チェックして、見かけたらとりあえず応募するくらいの勢いで良いと思いますよ。

転職成功率をあげるには?転職サイト・転職エージェントを併用しよう!20代】確実に行きたい会社に転職する方法!

 

ボン
ボン

文字だらけの記事を何ページもみてくれて…ありがとうございます。

でもみんなとは何歩も差がついていますよ!

 

まとめ

この記事まとめ↓

インフラエンジニアとは?

ネットワークエンジニアサーバーエンジニアと含む
IT業界の基盤を担うエンジニアのこと。

 

 

インフラエンジニアは資格の勉強ができないならやめときましょう

 

資格を勉強する気がないのであればインフラエンジニアだけでなく、
全てのエンジニアはやめておきましょう。

 

 

インフラエンジニアの仕事は夜間が多いからやめとけ

日中はたくさんの人に影響が出るので深夜の作業が多いので嫌な方はやめときましょう。

 

インフラエンジニアはトラブル対応が大変だからやめとけ

突発的なトラブルが起こる可能性はあるので覚悟しましょう。

 

 

インフラエンジニア転職のメリットは3つ
  • ①将来性が高いので食いっぱぐれしない
  • ②未経験でも転職しやすい上スキルが身につく
  • ③資格取得できれば、年収が上がる

 

インフラエンジニア転職時に注意すること
  • 未経験なら資格取得の勉強をはじめておきましょう。(早ければ早いほどいい)
  • 夜間作業や休日作業があることを家族に理解してもらいましょう(母子家庭になる程働くのはやめときましょう)
  • 大手企業の求人を見落とさないで(福利厚生トッピングが充実しています)

 

インフラエンジニアの平均年収は545万円

IT業界の仕事をすると、他の業界で仕事する気が起こらないかもしれませんね。

 

インフラエンジニアはIT業界の公務員的存在

インフラエンジニアの仕事は人気も高くなっています。

 

良い結果を求めるなら早く勉強し始めたり、入社するための行動を始めるべきですね。

 

他にもITエンジニアの記事を書いていますので、興味のある方はどうぞ。
ではでは。

 

 

 

 

※わたしの独断で選んだエンジニア転職向けサイトをランキングにしたのでよかったらご覧ください。

ITエンジニアが選ぶ転職エージェント評価ランキング

 

ITエンジニアが選ぶ転職エージェント評価ランキング
...続きを読む

 

 

 

中小企業から大手へ転職したら・・・私の年収変化!

去年の年収は670万円。
今は大手に勤めてるので「結構もらってるねー」って思われるかもしれません。

 

でも、私だって最初から500万越えじゃないです。
転職する前(中小企業時代)年収は
270万円ほど。
学歴もキャリアもなかったけどダメもとで転職しなんとか大手に入り500万円越えを果たしました。

このブログでは中小企業勤務で悩む方に向けて「大手にチャレンジしてほしい」という思い出作成しています。
現にわたしが苦労したので。(大手にステージを移した今は、苦しかった毎日がバカバカしくなりますよ。ホントに。)

転職シュミレーションはしてみる

もし、あなたが今の会社が中小企業でツライ状態なら、転職シュミレーションをしてみましょう。
せまい視野で悩んでしまうことを防ぐことができますよ。

例えば、今のキャリアでどの会社に入れるのかを調べてみるんです。
そうすることで、今の会社にしがみつく必要があるのかないのかを判断できますよ。

 

まずどこでもいいので求人情報を見てみる。ってとこから始めてみましょう。

年収診断をやってみる


もし時間があるなら、
年収チェックをやってみるのもおもしろいかも。

この年収診断は、あなたのキャリアから年収がどれくらいなのかを調べられます。

 

ちなみにわたしが年収診断したのがこちら。(ほんとに当たるのか確かめたかったので2サイトで実施してみましたwww 私はうたぐりぶかいのです…)

 

\dodaの診断/

 

 

\ミイダスの市場価値診断/
ミイダス ボンの市場価値

 

一応、大手で働いてることを評価されたのか年収550万円ほどでした!↓dodaとミイダスで確認

実のところわたしの年収は670万なので100万ほど誤差が…

 

ぴったりってわけにはいかないけど、だいたいの目安にはなりますね。

ただし

30分くらいかかるので、1人で退屈なときとかにやりましょう。スマホだけあればOKです

 

※年収の目安が分かると、会社があなたをどれほど評価してくれているか?わかっちゃうので知りたくない人はやめときましょう

自分だけでは知りえない情報なので価値はあるとは思うのですが人それぞれなんで…

 

ちなみにやりたい方にだけ説明すると、

 

dodaの年収査定結果のやり方は3ステップ

①dodaエージェントに会員登録済みであること
②「年収査定結果」のページから質問やキャリアを入力する
③年収査定結果が表示される

ミイダスの市場価値診断のやり方は2ステップ

①ミイダスの会員登録を行う
②市場価値診断の結果が表示される

 

dodaは3ステップ、ミイダスは2ステップで診断できます。

たしかに時間はかかるんで移動中などの時間を活用してください。

 

dodaは転職サイトの中でも最大手のひとつなので登録済みの方は多いかもしれませんね。
(ちなみに最大手はdoda・リクナビ・マイナビの3社です)

登録済みでしたら、dodaで年収診断が早いでしょう。
未登録の方は会員登録の時間はかかります。
しかし、会社を続けるにしろ・転職するにしろ自分自身の年収相場を知っておくことは人生設計に必要かと。(あくまで私の意見だよん)

 

この機会に年収診断したい人は、下にリンクを貼っとくので、キャリアを入力して診断結果を確認してみましょう。

 

dodaエージェントサービス・・・・年収査定診断

市場価値診断ならミイダス!・・・市場価値診断

 

会社が倒産しそう…不安を感じたら今すぐやるべきことは?
会社が経営不振だと耳にする…倒産?まさかね…
今の会社は人手不足だし「辞める」だなんて言い出せない…  6年前、こんなことでわたしは悩んでました。 でも、転職した結果、 年収は2倍。前の会社は倒産しました。 気づくのが遅かった… その頃は自分のことなんてわかってないし。 でも気づけるようにやっておくべきことがあります。

インフラエンジニア
あなたの最悪だった仕事経験を募集します!これから働こうと思ってる方への知識として共有できたらと考えています。(名前や会社は伏字にしますよ)

エンジニアでも!前の会社でも構いませんボンにブラック具合を吐露してください

もちろん、記事の中でわからないところがあれば気軽にメッセージください!

わかることでしたら返信させていただきます。

ではではお待ちしております

    ボンブログ
    タイトルとURLをコピーしました