コールセンターって底辺?きついの?やめとけ!☆楽すぎなテクサポと大変で辛いテレアポ

コールセンターって楽すぎ?きついの?やめとけ底辺!楽しいテクサポと大変辛いテレアポ転職ノウハウ

「コールセンターは給料高めだし、かっこいいし自分らしく働けそう!」

こんなことが言われていますし、私も同感です!

とはいえ

  • コールセンターは「底辺」「きつい」「やめとけ
  • テレアポのコールセンターはやめとけ!
  • コールセンターはストレスが溜まる!
  • クレーム対応ばっかで底辺だよ。この仕事…
  • コールセンターは「楽すぎ」だという意見もあるけど実際どうなの?

などと、言われます。

これだと「コールセンターってどんなところなの?」って疑問になりますよね。

 

そこでこの記事では、
コールセンターで働いていた私の経験から
わかりやすく解説させていただきます。

 

具体的には、

  1. この3つのコールセンターは底辺だからやめとけ
  2. おすすめはテクニカルサポート!精神的に楽すぎ
  3. 優良なコールセンターを選ぶには?転職サイトの見方

の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

 

5分くらいで読めますし、コールセンターの外観が一挙にわかります。

終わりでは優良なコールセンターが選べる基準も紹介しますので
まずはご一読を。

☆夢を叶える時間が確保できる

☆効率よく稼ぎたい

☆長く働ける仕事に就きたい

というあなたに、このブログがお役に立てば幸いです

こんなコールセンターは底辺だからやめとけ!

アウトバウンドはやめとけ!ストレス少なめのコールセンターを選ぶ方法

良くないコールセンターは3つの要素があります。

言いかえればこの3つを避けるだけでも効果があります。

 

  • アウトバウンド底辺だからやめとけ
  • 生命に関わる業種もやめとけ
  • 24時間対応も底辺だからやめとけ

 

どれもなんとなく「大変そう」と感じるものばかりですね。

この3つを「やめとけ」と書いた理由は、「大変」なだけではなく

 

私生活にも悪い影響が出てくる

 

なので、あえて「やめとけ」と強い言葉で書かせてもらっています。

(命令口調なので不愉快なお気持ちになられたらごめんなさい)

 

私生活と仕事のバランスが崩れてしまうとやりたい事も手につかなくなりますよね。

「夢や目標」がある人は理解してもらえるかもしれません。

結果、夢や目標から遠ざかってしまいます。

わかりやすく言うと…

目の前のステーキを食べようとしたら、電話が鳴ったり机の上にゴキ○リが・・・

そうなるとステーキが美味しくいただけない…

そんなイメージです。

 

あなたの平穏を乱す原因になるので
【アウトバウンド・生命・24時間】の3点は避けておきましょう。

 

次は【アウトバウンド・生命・24時間】の3点がなぜやめとくべきなのかを
くわしく解説していきます。

が、その前に用語説明です。

アウトバウンド

という、わかりにくい用語があるので簡単に解説しておきますね。

知ってる方は飛ばしてくださいね。

 

アウトバウンドというのは

「お客さんにコールセンターから電話をかける(発信)」

業務になります。

アウトバウンドがなんとなくわかったところで、避けるべきコールセンター3つを見ていきましょう

やめとけ!きついコールセンターはアウトバウンド!

アウトバウンドの最大の特徴は、

契約や成果のノルマがあること

 

ノ・ル・マです…イヤな響きですね…

毎日毎日このノルマがあるのでテンションが下がります。

とはいえ、ノルマと言われても具体的になんなの?
と言う方もいると思います。

 

アウトバウンドでのノルマというと

    • 「今日中に10件の成約をとること」
    • 「資料請求の了承を20件はとること」
    • 「顧客リスト200件を電話すること」

と言う感じです。

 

コールセンターの上長から「今何件とれた?」なんて聞かれて「まだ0件です…」とこたえる毎日はツライです。

プレッシャーしかありませんね。

 

とはいえ

アウトバウンドでもいいコールセンターもあるんじゃないの?」

「友達のところは楽すぎって言ってるよ?」

 

とおっしゃる方もいるかもしれません。

 

ただ転職サイトなどから、ノルマの無いアウトバウンドかどうかは書かれていない事がほとんどですし、見抜くのは現実的ではありません。

 

繰り返しになりますが、アウトバウンドのコールセンターはノルマがあります。

上長からのプレッシャーをかけられる日々となるのでやめておきましょう。

 

アウトバウンドのテレアポはお金はいいけど…

アウトバウンドはもう一点やめておくポイントがあります。

それは、嫌悪感を感じやすい人は精神的につらくなることです。

基本的にアウトバウンドのテレアポは、給料が高いです。でもそのかわりに長く続きにくいです。

 

やりがいが感じられない

やりがいが感じられない理由をあげると

  1. 電話を休む事なく、かけつづける
  2. お客さんから断られつづける
  3. 上司からのダメ出し

と、ずっとアウェイな状態がつづくので心が摩耗しちゃう…だからやりがいもなくなります。

 

 

「お客さんから断られ続ける」というのは、アポイントの宿命です。
なんとなく想像できますよね。

一度はご経験があるかもしれませんが、あなたも知らない番号から電話がかかってきたらどうしてますか?

電話を取らないか、断ってるのではないでしょうか?

もし電話をとってしまったらどうしていますか?
ちょっと想像してみましょう。

 

「○○会社の□□ともうします。✖️✖️の料金の見直しを無料で行なっているキャンペーンをご案内させていただいています。少しお時間をいただけますか?」

って…  嫌ですよね。

私はこういうのはイヤな電話は断固としてお断りしてます。

私と同じように「嫌だな…」と思った方は、アウトバウンドは向いていないと思います。

アウトバウンドが苦手な人は、働くのもつらいと感じるタイプだとおもいますよ

 

まとめると、アウトバウンドコールセンターは精神的につらいので、
やめとく方がよいと思いますよ。

やめとけ!24時間対応で生命に関わるコールセンターはきつい!

やめとけ!24時間対応コールセンターはきつい!

コールセンターだけではないですが

「24時間対応」「生命に関わる」の仕事はやめときましょう!

 

業種によっては、24時間対応の底辺な会社はたくさんあります。

いくつか例をあげると、

  • 交通事故の受付
  • エレベーターのトラブル受付
  • 救急電話受け付け

など公共のトラブルの問い合わせ先などがほとんどです。

(社会的にみて絶対必要な仕事なんですが大変です)

 

✅24時間対応のデメリットは

土日祝や盆とお正月などの出勤を求められることになります。

 

もちろん、強い正義感や使命感のある崇高な仕事だと思っていますよ。

 

とはいえ、

はじめてのコールセンターが「24時間」「生命案件」などをやるとほとんどの人が途中で辞めることに。

しかも、24時間営業は人が常に足りないので、

「残業できる?」「出勤できる?」

って声かけも多いです。

この話を聞いても「私は大丈夫!」と思った方だけ応募しましょう。やめとけやめとけ

 

きついからやめとけと言われるコールセンターは24時間体制のアウトバウンド

アウトバウンドで24時間体制のコールセンターはあなたの私生活まで影響するのでやめときましょう。

せっかく新しく仕事をはじめるのに消耗するのはもったいないです。

 

毎日100件のアポイントというノルマがあり、残業だらけ。家に帰ってベッドに入っても罪悪感とプレッシャーで眠れない。

 

なんて日々を誰も望んでいないと思います。

アウトバウンドを避け、対応時間に終わりのあるコールセンターを探すようにしてみませんか

 

後悔しない転職になるはずですよ。

 

楽なコールセンターを選ぼう!おすすめはテクニカルサポート!精神的に楽すぎる!

楽なコールセンターを選ぼう

避けるべきコールセンターのお話をしてきましたが、

ここからは、おすすめのコールセンターのお話をしていきますね。

✅良いコールセンターの条件3つ

  • かかってくる電話を受ける受付(インバウンド
  • テクニカルサポートセンター
  • 18時で受付終了

ひとつにまとめると

18時までに受付終了するテクニカルサポートセンターが楽
という事になります。

電話対応時間が決まっているテクニカルサポートは楽すぎる

電話対応時間が明確なテクニカルサポートセンターが経験上おすすめ。
理由は、電話対応時間が決まっていることと、スキルアップができるからです。
働く時間が延びてしまうと、プライベートの時間が確保できず「充実」できませんよね。
テクニカルサポートのコールセンターなら対応時間が決まっているところがほとんどなので求人サイトで探してみてくださいね。

 

テクニカルサポートセンターはスキルアップとクレーム少なめがメリット

テクニカルサポートのコールセンターは精神面で見てもオススメです!
それは、クレームが少ないからです。
実感として、

  • テクニカルサポートはクレーム対応少なめ
  • 製品サポート(窓口)はクレーム対応多め

テクニカルサポートはクレームはほとんど対応しなくてよいのでオススメです。

テクニカルサポートセンターはクレームが1日1件ほどだから楽!

テクニカルサポートセンターでは、

「使い方を教えて?インターネットがつながらないんですが?」

などの問い合わせが仕事です。なので

クレームの数は電話を20件とって、1件ぐらい。

そして、クレームの大半が、お客さんの使い方が悪かったり、勘違いによるものです。

 

ぼん
ぼん

技術的なサポートなので、めちゃくちゃなトラブルなどはほぼありませんでした

ただ…

「わからない・機器が使えない」

ことに、関してはしっかりサポートする必要があります。

 

クレームは1日で一件くらいだし、手厚く対応すればクレームではなくす事ができる程度なのでスキルが上がると怖くなくなってきますよ。

テクニカルサポートはクレームが少なくスキルがつく!
きついテレアポはやめとけ!

テクニカルサポートは、クレームは少ないですが苦労する事もあります。

それは、

技術スキルを勉強すること

製品の使い方や、トラブル時の対応方法を即座に調べられるように

頭の中と、パソコンの中に準備ができている必要があります。

大変ですが大きなメリットにもなります。

テクサポで勉強した内容は、スキルになる!
このスキルは自分の身になることなので、後に転職などを考えると決して無駄ではありません。

アウトバウンドやお客さんに怒られるだけのコールセンターなども人間的に成長するかもしれません。

しかし怒られるだけなのは時間が無駄だと思います。

それなら、

 

ぼん
ぼん

勉強やスキルになることに時間を使う方が、
この先の人生を豊かに生きていけると思いますよ。

 

テクニカルサポートはスキルアップもできるのでおすすめです。

テクサポでも大クレームがかかってきても…上司にエスカレーション

テクニカルサポートも、クレームの中のクレーム…
大クレームもまれにあります。

 

ぼん
ぼん

大クレームはテクニカルサポートの時は半月に1件ほどでした。

 

ただ、この大クレームの対処は、逆に簡単です。

 

大クレームのお客さんと話をしようとすると、

「上の人間を出せ!」

と、言ってくるので平謝りしたあとで上長に繋げばよいです。(これをエスカレーションっていいます)

 

エスカレーションせずに自分でクレームを治めようとして対応してしまわないようにしましょう。

お客さんの希望である[上の人間]が出てこないので余計に怒ります(笑)

 

その通りにしてあげるだけでよいです

 

上司も、そんなのは慣れっこなので
最初から割り切って電話を上司やクレーム専門部署に回すだけです。

 

実は、

大クレームの方が、対応する必要がないのです。

 

しかし見極めることができるまでには少し経験がいります。

 

テクニカルサポートのコールセンターでは、

クレームは20件中1件

大クレームは半月に1件ほど

見極め力がついてきたら大したことはないってところですね^ – ^

 

テクニカルサポートセンターは、クレームの面で見てもかなり楽です。

コールセンターを検討されてる方は参考にしてください。

ストレスがたまるきつい業務★ぬきうち指導は覚悟して!

ストレスがたまる業務がわかる

実はお客からのクレームよりもストレスがたまる事があります。

それは、

ぼん
ぼん

チームリーダーからの指導です。これがイヤな人は多いはず…

なぜなら、お客さんとの会話を
抜き打ちで聞いているんです。

そして対応が終わると…

ダメだしされますw

僕は最初これがしんどかったかな…

 

でも、これも最初の1〜2ヶ月目までの話です。

 

2ヶ月目もすれば慣れてきます。
そしたら、指導の回数も減ってきていました。

 

慣れる事ができるかどうかですね

文章の言い回しの凄さ★言い回しを覚えれば楽すぎ!

ここで少しコールセンターにまつわるクイズです。

 

下の二つの文章のうち、どちらの方がお客さんから質問されにくい言い回し?かわかりますか?

  • ①ここまででご不明な点はございますでしょうか
  • ②ここまででご不明な点はございませんでしょうか

 

答えは

②番なんです。

否定文で質問した方が質問しづらいらしいです。

これだけのことで、お客さんからの質問が激減しますw

こんなテクニック的な事も教えてくれるので、少し面倒ですが話し方を鍛えましょう。

この話し方は、どの仕事についてもあなた優位にすすめられますよ^ – ^

 

コールセンター特有の問題は親会社の圧力!楽すぎるテクサポでも、きついテレアポの共通問題

コールセンターって楽すぎ?きついの?やめとけ底辺!楽しいテクサポと大変辛いテレアポ

底辺なコールセンターでも、優良なコールセンターでも、

共通してるどうしても「きつい」ポイントが1つあります。

それは、

コールセンターのさらに上の親会社のかかげる目標が高すぎる

ということです。

 

わかりやすくいうと、コールセンターというのは

 

  • 親会社(メーカー)と子会社(コールセンター)の関係がある
  • 親会社から子会社へ目標を決められる
  • その目標が数値で貼り出される
この目標を達成しなければコールセンターは親会社からのお金が減らされたり、人を減らされたりします。

とはいえ、

働いてる側としてはあんまり影響はないですね。

長く働くつもりであれば関わってくる事です。

長期で考えている方は知っておくといいかもしれません。

 

(コールセンターの目標の例)

  • コールを1人何件対応する
  • 顧客満足度が何%達成
  • リピート率を何%以内にする

会社の目標値が高めなので、
きつくてついていけない人もいます

また目標だけでなく、企業の方針を勉強したり何分以内に回答するなどのルールもあります。

コールセンターのルールはたくさんあり、これが分かってないと

ちゃんとお客さんと対応してるのに、会社からのあなたの評価は低くなります。

ですので、喋りがウマイとかヘタよりも、
ルールを守り目標を重視することが大切です。

 

最初は、

ルールを理解し目標をこなせるようになる。

ここに全力を注ぐことが必要です。

この目標ルールを守れるかどうかが「楽」か「きつい」の感じ方の分かれ目になります。

最初はきついですが、最初さえ超えてしまえばコールセンターをモノにしたも同然です。

きつい底辺なコールセンターの求人はやめとけ!優良なコールセンターを選ぶには?転職サイトの見るべき項目

優良なコールセンター選ぶ時は
あたりまえですが大手企業を探すべきです。

 

下請けになればなるほど、目標があったり下請け会社の環境が悪くなるからです。

大手に見えても、応募する会社の名前が違っていたりすることもあるので注意しましょう。

たとえば…

「○○(大手)の製品の受付コールセンターです。」

問い合わせ先:△△コールセンターtel:0120-###-&&&&

 

といった別会社(△△コールセンター)での求人募集も混ざってるのでよく調べてから応募しましょう。

とはいえ、ここまで気をつけるとなると求人が少なくなってくるので

 

1つの転職サイトで探し続けるより、複数の転職サイトで探す必要がでてきます

 

転職サイトごとの方針などもあるので、傾向がわかってくるとおもしろいですよ。

 

他に気をつけることとしては

  • 異常に美化されていないか?
  • 転職サイトによって給料が違わないか?

の2点です。

 

ですので、注意すべき基準を持って3つくらいの転職サイトでできるだけ集めましょう。

たくさん求人を見つけてから絞り込むほうが失敗しづらいですよ。

おさらいにはなりますが、優良コールセンターの条件は以下のとおりです。

  • かかってくる電話を受ける(インバウンド)
  • 大手のテクニカルサポート(クレーム少)
  • 20時くらいで受付終了している

この3つの条件を満たすコールセンターはなかなか見つけられないかもしれません。

なぜなら、テクニカルサポートのコールセンターは数少ないからです。

 

テクサポはもともと数が少ないので、
見つかりづらい…

求人数の多い大手の転職サイトでも数件でしょう。

でも、めげずに探すだけの価値はあるので探してみてくださいね。

あなたの条件が決まったらブレずに転職サイトを閲覧しまくる!

良いコールセンターの条件がはっきりしてる状態なら、迷わないので探しやすいと思います。

あとは求人数がトップクラスの転職サイトからあたっていきましょう。

もし、まだどこの転職サイトも登録されてないのでしたら大手の「リクナビNEXT」がオススメです。

なぜなら、私が働いていたコールセンターを見つけた転職サイトだから実績ありです。

とはいえ、求人サイトなどは好みもあるので強要したりしませんのでご安心を(笑)

 

もし正社員での転職をお考えなら、もっと堅い方法で探すべきですね。

別の記事で転職人生だった経験からまとめた転職サイトと転職エージェントの使い方を解説してます。

リンクを貼っておくので、気になる方はご覧ください。

転職サイト・転職エージェントを併用しよう!20代】確実に行きたい会社に転職する方法!

 

 

転職成功率をあげるには?転職サイト・転職エージェントを併用しよう!20代】確実に行きたい会社に転職する方法!
「20代で転職するなら転職サイト。30代なら転職エージェントを使うのがいい」
 こんなことが言われていますが、私はそうではないと思います。 とはいえ、 転職エージェントは使うほうがいいの? 転職サイトだけではきびしい? 転職サイトを見てるけど行動はしてない 転職エージェントがよくわからない という方も多いと思います。 そこでこの記事では転職サイトと転職エージェントについてのお悩みを、転職サービスを利用してきた経験から解決していければなと。 具体的には
 転職サイトと転職エージェントの併用の仕方 転職サイト・転職エージェント  オススメの転職サービス
 の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。 2分くらいで読めますし、 これを読めば転職エージェントを使いこなして 希望の会社に入れる可能性があがるので、 まずはご一読を!

 

まとめ

コールセンターと言っても、電話をかけたり、電話を受けるタイプがあることはご理解いただけたと思います。

なんとなく求人をみてしまうと見過ごしてしまいがちなので注意してみてください。

 

また命に関わるものや、24時間対応なども給料はいいですが、もちろんそれだけの辛さがあるのでご覚悟を。

 

私もテレアポの仕事を1日でやめた事があります。

その時は、電話回線変更のアポイントでしたが、かなり強引なやり口の会社だったので罪悪感や嫌悪感でいっぱいになり落ち込みました。

ですので、余計にインバウンド推奨派です。

 

とはいえ、あなたが自分らしさや豊さを持ち続けるためにコールセンターを選ぶのか、

金銭的な豊かさを求めるのかによって選び方は変わります。

どちらを選んでも応援させてください!

 

 

この記事をまとめると、

✅楽な優良コールセンターの条件
  • かかってくる電話を受ける(インバウンド)
  • テクニカルサポート(クレーム少)
  • 20時くらいで受付終了している

の3点。

テクニカルサポートセンターは数が少ないので求人数が多いところから探しましょう。

これからも応援できるような記事を書いていきます!では!

タイトルとURLをコピーしました