ネットワークエンジニアはやめとけ!きついし底辺?ITスキル習得したら転職

[覚悟がないと地獄]ネットワークエンジニアって底辺?きついの?やめとけ!ITスキルを勉強したら転職エンジニア

「ネットワークエンジニアは未経験でも入社できて平均年収も高額!」

こんなことがよく言われていますし、私も同感です。

とはいえ、

  • ホントに未経験でスキルがなくてもネットワークエンジニアになれるの?
  • 「ネットワークエンジニアはきついからやめとけ!」とか言われてるけど、ほんとのことろはどうなんだろ?

という方も多いと思います。

 

そこでこの記事では、そんなネットワークエンジニアへの疑問やお悩みを、
IT業界歴12年からの観点から回答していければなと。

具体的には

    • ネットワークエンジニアは楽じゃない!やめとけと言われる理由
    • ネットワークエンジニアは未経験でも問題なし
    • スキルがないと昇給はきつい!ネットワーク資格が必須
    • ネットワークエンジニアは転職先が多いからおすすめ

 

の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、
わかりづらいネットワークエンジニアの詳細をわかりやすく解説しますので、

まずはご一読ください

 

 

ネットワークエンジニアはやめとけ!きついし底辺?

ネットワークエンジニアはやめとけ!ってきついし底辺?ITスキルを勉強したらとっとと転職

なぜ将来性のあるネットワークエンジニアを「やめとけ」などとというのでしょうか?

 

やめとけ」と言われる理由は

2点あります。

  • ネットワークエンジニアは夜型勤務があること
    →24時間365日対応の仕事だからやめとけ
  • ネットワークトラブル発生がいつおこるかわからない→復旧・原因究明に追われる仕事なので大変…やめとけー

ネットワークエンジニアはIT業界の基礎になるネットワークを管理してるので、かなり重要なポジションの仕事です。

しかしその重要性の高さから絶対の早期復旧が求められるのです。

 

たとえると

「ピタゴラスイッチ」でビー玉が転がるための通路が急に通れなくなった!
といったところでしょうか。
ビー玉は通路が通れなくなるのでゴールができない・・・
このビー玉がデータの流れだとしたら不具合となるので早期修復が必要!
といったイメージです。パソコンからのデータ(ビー玉)が通る通路を常に監視したり・守ったり・経路を変えたりするのがネットワークエンジニアの役割です。

IT分野においてネットワークは大切な存在だし、
最重要なインフラ(基盤)のようなものです。

ですので、インフラエンジニアと呼ばれたりもします。

「あるのが当たり前」

だけど

「ないとめちゃくちゃ困る」

これがネットワークの存在であり、

ネットワークエンジニア
の重要性なんです。

ですので、当たり前にあるものをトラブルなく届ける仕事なので、

「感謝されにくい仕事」

であることをご理解ください。

お客様からの「ありがとう」は、まずもらえない仕事です。

売上を上げることが目的の営業職とはかなり違います。

営業バリバリだった方が転職を考えてる場合は、やりがいを感じにくいかもしれません。

 

夜型になる24時間365日対応の仕事だからやめとけ!

夜型になる24時間365日対応の仕事だから

 

ネットワークエンジニアは監視・保守業務なので24時間年中無休の企業に務めることになります。

そして24時間365日の企業は性質上、ブラック企業になりやすいです。

 

なぜなら、簡単に考えて

営業しなければならない時間が通常の企業の3倍になる

からです。

 

    • 通常の企業が1日8時間の営業時間に対して、
      1日24時間なので、3倍近くの人が必要
    • 通常の企業が1ヶ月22日の営業日に対して、
      1ヶ月30日なので8日間分多く出勤者が必要

だと言うことになりますよね。

もちろん、こんな単純に人は3倍確保してくれていません。

 

当番制で夜勤をする班と日勤の班を交代で回していきます。

ネットワークエンジニアは、

 

24時間・365日対応の仕事なので

9時〜5時の仕事を思い描いている方はやめておきましょう。

 

トラブル時の障害の復旧と原因の特定がきついからやめとけ!

トラブル時の障害の復旧と原因の特定がきついからやめとけ!

トラブル発生時には復旧→原因究明⇨是正処置という仕事に追われることになります。

なぜこんな面倒なことをするのかというと

トラブルが起こったネットワークを利用している会社から

「原因を報告せよ」

と、迫られるからです。

 

この時起こったことや、なぜ発生したのかなどをまとめて報告書を作る。

そして、また

「つぎはトラブルが起こらないためにこのように予防

します」

と意味で是正処置も提出します。

 

是正処置」というのは、簡単にいうと

2度と間違いが起こらないようにするための努力をこれだけします!

ということです。

 

トラブル解決から、是正処置を提出するまでで早くて1日。

どんなに遅くても10日ほどで作り上げないといけません。

 

ぼん
ぼん

トラブル対応や是正処置は、どのエンジニアも
あります。
ただ、トラブルの時の被害の規模が、
ネットワークエンジニアは圧倒的に大規模なのできついという意見があるのは納得です。

ですので、トラブル解決までに多くの時間がかかるので勤務時間が長くなりやすいです。

 

✅   まとめ
「ネットワークエンジニアはやめとけ」と言われる理由は

  • ネットワークエンジニアは夜型勤務があること
  • ネットワークトラブル発生がいつおこるかわからない

ということにつきます。

ここまで読んで「きつそうだな…」と思われた方は他の仕事が良いかもしれません。

 

スキルなしのひとはやめとけ!ネットワーク資格の勉強が必須

ネットワークエンジニアが未経験・スキルなしは勉強が必須

ネットワークエンジニアは多くの知識が必要です。

部屋の中(ローカルネットワーク)や別の環境とのネットワーク(グローバルネットワーク)の環境を作るための知識や経験が必要だからです。

 

しかし、彼らも最初から詳しい人間が集まってきたわけではありません。

 

ネットワークエンジニアの仕事を簡単に表現すると、データが運ばれるネットワークの交通整理のような仕事です。

わかりやすいところでいうと、車の交通整理に近いと思います。

この絵のようにめちゃくちゃな道路だとトラブルが多発しますよね

ネットワークエンジニアは道路設計みたいな仕事

network-engineer-load

 

サーバーにデータを取りに来るパソコンたちの通信をいろんな方法で管理しています。

車だと高速道路やバイパス道路をつくって渋滞しないようにするイメージです。(高速道路とかも渋滞情報とかみれますよね)

 

ネットワークエンジニアの仕事をまとめると

  • パソコンのIPアドレスを管理する(ナンバープレート発行)
  • 通信を制限する(速度取締り)
  • ルーターで通信を止めたり、一部だけ通す(道を通行止め・関係車両は通す)

 

 

これらのいろんな方法を駆使して、全体を考えネットワーク通信を管理するのが仕事になります。
(パソコンの通信はネットワークエンジニアたちによって創作された道すじで動いています)

ですので、細かいことまで勉強することが多いです。

 

 

とはいえ、ある程度の経験を数年積めばで目の前の仕事くらいは対応することができるようになります。

その上で、

入社して当面は、認定資格であるCCNP(シスコという会社が出しているネットワークに関する難しい資格)を取ることが必要になってきます。

 

ネットワークを監視するだけのネットワークエンジニアには必要ない資格です。

ただし、年収を上げたいなら必要な資格です。

 

もちろん、資格を勉強する価値は大きいですし、大変有用なスキルですが

とはいえ、

CCNPの資格を持ってないネットワークエンジニアもたくさんいます。

とりあえず未経験であっても勉強する気構えがあれば、不要な心配しなくても大丈夫ですよ。

 

いちばん大切なのは入社してから、資格を含め、勉強していけるかどうかなので、働く前から心配する必要はありません。

 

とは言っても心配だという方は、

学習と転職活動を2ヶ月間でエンジニアとして働ける無料スクールとかを利用する手もあります。(下にリンクを貼っておきます)

 

有資格者として入社したい方は先に学習を頑張る大変さはありますが、

最後の転職だと考えると、スクールに通うのがベストです。

具体的なイメージがしづらいとおもうので、スクールの例を理解してもらうためにネットビジョンアカデミーのリンクをはっておきます

【ネットビジョンアカデミー】

ネットワークエンジニアは転職先に困らないから目指す価値あり

 

ネットワークエンジニアになって身に付けたスキルは、
他のネットワークエンジニア会社でもつぶしが効くので、転職には困らないです。

 

なぜなら

・ネットワークエンジニアの会社は多い

・システムエンジニアやカスタマーエンジニアへの転職でも優遇される

のでおすすめな仕事です。

 

ただ、中小企業に入社してしまうとやはり下請けになるので、
じつは派遣での採用だったり、個人事業主だらけの実力主義だったりで安定した転職とはいかないでしょう。

 

中小企業だとネットワークエンジニアとシステムエンジニアを両方やらされて激務なうえ、カスタマーエンジニアのような現場作業もやることになります。

 

中小企業は人が少ないので仕方ないとは思いますが、実際に働くのはオススメしません。

大手企業に入社すれば、

  • ネットワークエンジニア
  • システムエンジニア
  • サーバーエンジニア

など部署や役割が
分かれているので働きやすいです。

 

「これはルーターでネットワーク分けた方が良いシステムになるから、ネットワークの部署に聞いてみよう!」

とか
気楽に聞けるのが大手企業のいいところです。

 

話はそれましたが、ネットワークエンジニアはスキルをつけてしまえば
他社のネットワークエンジニアへの転職も有利だし、他のエンジニアへの転職もかなり優遇されますよ。

 

 

ネットワークエンジニアはきついけど 平均年収は450万円だからIT平均以上!

年収は新人で350万円ほどから始まり、40代頃の中堅で700万円から1000万円ほどです。

 

一般サラリーマンの平均年収が389万円なので、比較的に年収は高い職業です。

これは、ITエンジニアの中でも平均的の年収です。

 

 

とはいえ、全てのネットワークエンジニアの会社が年収が良いわけではありません。

求人情報の企業ごとの年収をよく見てくださいね。

※転職サイトなどでネットワークエンジニアを探してみると、今後ネットワークエンジニアの求人が入る度に通知してくれる機能とかもあるので活用しましょう。

 

具体的には、

ITエンジニアに強い転職サービスを利用して給料が高めなところを狙いましょう。

「働くのはITエンジニア」

と、決めている方なら、ITエンジニア特化型の転職サービスを使うのが簡単だし無駄な時間をカットできます。

 

総合的求人サイトは、関係のない求人を除外する手間が多いし、転職エージェントだと詳しくない担当がついた時に地獄です。

(IT特化型求人サイトだと、あまり知られてないので、ライバルも減り募集人数が多めのところならすぐに働けるかもしれません)

 

ITエンジニアに特化してるところでいうとメイテックネクストが代表的です。

興味がある方はリンクからご確認くださいね。

もし、あなたがネットワークエンジニア経験者で転職を考えてるのでしたら、レバテックでITエンジニアのハイクラスを目指すべきです。

なぜなら

  • 今より平均で年収50万円upを目指せるからお財布が潤う
  • あなたの強みを理解してくれるから適職に導いてくれる
  • 企業への交渉が強みだから、あなたの言いづらいことも伝えてくれる

今のまま働き続けるのがいいのか転職すべきなのか経験者なら実験してみるべきです。

わたしはカスタマーエンジニア転職で年収が270万から680万円になった経験があります。

だから余計に転職すべきだと考えてブログのなかでも発信中。

現状と天秤にかけるのは悪いことじゃないです。そこで今の会社の良さを感じることもありますしね。

求人を探すときは大手がオススメ

求人を選ぶときはオススメは大手企業や上流工程への会社にしましょう。

 

IT分野はどこでも景気が良いですが、大手企業なら研修制度や福利厚生が手厚いのでスムーズに働きはじめることができます。

ここだけの話、年収が高いです

ちなみに今はわたしもCE職ですが大手企業で6年働いたキャリアがあるので、

ネットの年収診断テストとかでも年収があがってました(笑)

ミイダスの市場価値診断ってヤツで、年収558万円にまで上がってました!(↓証拠)
ミイダス ボンの市場価値

まあ、めちゃくちゃ多いわけじゃないけど…

鼻で笑わないで!(笑)

 

余談ですが、自分の市場価値(年収)がわかるってのはおもしろいので、
やってみたいかたは下のリンクからできます。(おひまなときにどうぞ…)

 

市場価値診断ならミイダス!

 

まとめ

ネットワークエンジニアのこれからも需要は高まっていきます。
今は、底辺だとかきついと言われていますが
ネットワークスキルを学ぶことで転職したりフリーランスとして働くことができます。

 

IT業界の中でも要となるネットワーク分野の知識を得るには良い仕事だといえます。
(専門学校に行ったりできない方は、会社に入ってしまうのが得策です)

 

✅今回のまとめ

ネットワークエンジニアをやめとく方が良い理由

  • 夜型になる24時間365日対応の仕事だから
  • トラブル発生時に復旧→原因究明に追われ大変だから

ここが理解できた上で目指したいと思っておられるなら、ネットワークエンジニアとしてやっていけると思いますよ。

 

 

ネットワークエンジニアは多くの知識が必要

入社して当面は、認定資格であるCCNP(シスコという会社が出している難しい資格)を取ることが必要になる

 

しかし、資格がなくても徐々に勉強出来る方なら問題ありません。

給料アップを目指すならCCNPを早めにとっちゃいましょう!

 

ネットワークエンジニアは転職に困らない

転職には困らないけど、中小企業への転職はオススメしません

大手企業や上流工程への転職を目指しましょう。

 

大手の会社の待遇を知ると中小企業で働くことがつらすぎると感じると思います。

職種は厳密には違いますが、わたしの転職の記事も貼り付けておきます。

【2021年最新版】平均年収489万!カスタマーエンジニアを未経験でも高年収にする方法を徹底解説!

平均年収は450万円だからIT業界平均以上!

年収は良い方ですよね。

転職サイトよりは転職エージェントを利用した方が、大手企業への転職が叶いやすいです。

 

お好きなところでいいので転職エージェントに相談してみましょう。

 

今回はここまで!!

 

 

※ネットワークエンジニアへの転職ならITエンジニアに特化した転職エージェントに相談するのが簡単で手っ取り早いです。

実はふつうの転職エージェントだと「営業・製造」などの業界の対応が多いのでITエンジニアの知識が低い担当も多くいるんです。

ITエンジニア特化の転職エージェントなら、IT業界だけを理解している方しかいないので相談しにいくだけでも価値がありますよ。

 

2つリンクを貼っておくので、ネットワークエンジニアになりたい方だけ見てください。

 

[すぐ転職したい]

ITエンジニア転職の求人の多さならIT求人ナビ
遅かれ早かれエージェントの人に相談するのであればまずは

ココから↓
【IT求人ナビ 転職】

 

 

 

[無料で学ぶ]

未経験の方やCCNAの資格を学んだのちに、ネットワークエンジニアに転職したいときはネットビジョンアカデミーが

最適解↓
【ネットビジョンアカデミー】

 

 

 

 

適性検査LP

 

【ネットビジョンアカデミー】

 

 

転職成功率をあげるには?転職サイト・転職エージェントを併用しよう!20代】確実に行きたい会社に転職する方法!
「20代で転職するなら転職サイト。30代なら転職エージェントを使うのがいい」
 こんなことが言われていますが、私はそうではないと思います。 とはいえ、 転職エージェントは使うほうがいいの? 転職サイトだけではきびしい? 転職サイトを見てるけど行動はしてない 転職エージェントがよくわからない という方も多いと思います。 そこでこの記事では転職サイトと転職エージェントについてのお悩みを、転職サービスを利用してきた経験から解決していければなと。 具体的には
 転職サイトと転職エージェントの併用の仕方 転職サイト・転職エージェント  オススメの転職サービス
 の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。 2分くらいで読めますし、 これを読めば転職エージェントを使いこなして 希望の会社に入れる可能性があがるので、 まずはご一読を!

 

カスタマーエンジニアの仕事内容って?きつい?楽なの?底辺・つらい?CEの本音を徹底解説

タイトルとURLをコピーしました