「これだけ?」エプソンプリンターのインクカートリッジ全色認識しない問題を修理屋が解説!

インク交換後にプリンター故障?非純正インク使用時の復旧は?プリンタは修理するな?!ITリテラシー

プリンターで印刷する人も少なくなったとはいえ、たまに使おうとすると…

「アレ?インクが認識しないって出てる。もしかして…使えない?!」

プリンターなんて最後に使ったのいつだろう。。。ってぐらい使わないので、故障なんて。。。納得できない!!

「もう!一回でいいから動いて!」って祈っても動きませんね。

そこで、「インクカートリッジが認識できません」の症状なら、簡単になおることがあるので紹介してみようかと。

この記事では、

EPSONプリンタでインクカートリッジが認識できませんって表示される!EPSONプリンタなのに印刷した色がおかしい

こんなトラブルを
修理屋で働いてた経験から解決方法を紹介します。

具体的には

・インクカートリッジの認識しないときの復旧の方法
・色合いがおかしい時の対処法
・印刷が真っ白の時の対処法

の順番に重要なポイントをご紹介していきます。

簡単だし、今回だけは印刷できる可能性があるのでお試しくだされ!

 

エプソンプリンター☆インクが全色認識しないときの対処方法を解説!

エプソンプリンター☆インク全色認識しない!対処方法を解説!プリンタは修理せず買換え?

インクカートリッジが認識しない原因はかんたんで[接触不良]です。

 

 

インクについてるICチップが読み込めないってこと。

(下の写真を見てみると、ICチップがインクについてるのがわかるかと。)

インク認識いない原因はICチップ?
インクのICチップが読み込めたらこの故障は解決します。

インクの残りがどれくらいって情報がICチップには書き込まれているわけです。

たまーに、これがきっかけになってプリンター側のコンピュータ基板まで壊してしまう事もあります。

しかし、よっぽどのことをしない限りは大丈夫でしょう。(インク注入したり、ヘンテコなインクをつけなければ大丈夫!)

次は解決編。一緒にやってみてね。

「インク交換してください」表示が消えないのは ICチップの回路が通電していないから

まず、

  • ICチップが割れていないか?
  • ICチップにインクがついてないか?

を確認します。

もし、ICチップが割れていたらインクを新しいものに交換です!急ぐ人は電気屋さんへ行きましょうー!

\安く買うなら翌日だけどAmazonもいい/

もし、汚れている場合は次で解説し

ICチップを清掃しよう!ICチップは弱いので慎重に

簡単にできることとして、まずは綿棒などで、インクのICチップの金色の接点を(キレイな布でもOK)で乾拭きして汚れを拭き取っていきましょう。

※ゼッタイに液体洗剤や水をふくむ液体をつけて拭いたりしないでください。(一発で故障します)

インクのICチップの金色の接点を(キレイな布でもOK)で乾拭き

ICチップにインク汚れが付着している時は、乾拭きではきれいになりません。

そんなときは、無水エタノールが便利です。(水が全く入っていないアルコール)を綿棒につけて拭き取ります。

無水エタノールならすぐに気化するので基板を壊しません。(消毒用エタノールが30%も水が入ってるので絶対ダメですよ!!)

無水エタノールが家にあれば試してみましょう。インクや油脂がきれいにとれます。とはいえ、おもちでない方もいると思うのでリンク貼っておきます。

 

インクのICチッププリンタの接点の掃除が全色のインクカートリッジでできたら、純正インクカートリッジを取り付けてみてインクが認識するか確認してみてください。

必ず全色とも純正インクカートリッジを取り付けてくださいね。

純正のインクカートリッジはシール部に「純正」と記載があります。記載がなければ、純正ではありません。純正インクの確認

ここで一本でも非純正インクをつけてると回路が成立しないので絶対純正インクに変えましょう。
エプソン公式ホームページで買うと定価なので、Amazonなどで最安値を見つけましょう。

純正インクが全色あれば、5分でこのトラブルの原因を切り分けられますよ。(とはいえ、純正インクカートリッジの購入は高い!と思われる方もいるかもしれません。

ただ、8000円ほどでなおるのであればプリンタをエプソン修理に出すよりはお金は半分以下です。

その後もインクは使えるのでマイナスはないかと思います。

(万が一、治らなかった場合は同じインクのプリンタを購入するのがいいですよ!)

純正インクをプリンタに流し直すことで印字はもちろんですが、認識する様になります。

これでダメなら買い換えるしかなくなります。

今回ご紹介したのは1番簡単な方法です。インクトラブルの半分ほどはこの方法でなおります

しかし非純正インクはすべて取り外して、純正インクにしたけど「インク全色認識しない」が出る方。

その場合はプリンタ側の基板まで壊れているのでエプソンへのプリンタ修理に出す必要があります。
しかし、私はメーカー修理よりプリンタの買い替えをオススメしています。

カスタマーエンジニアが選ぶEPSONプリンタの失敗しない買い方
「プリンタ本体より、インクの方が高いよね!」
こんなことがよくお客様から言われますし、心の中では私も同感です。 とはいえ、 ・そもそもなんであんなにインクは高いの? ・インクの安いプリンタはないの? ・プリンタ本体を買うときに注意する点は? という方も多いと思います。 そこでこの記事ではそんなプリンタの費用のお悩みを、
元プリンタの修理屋の観点から解決していければなと。 具体的には
・プリンタのインクが高価な理由
・インクのコストを正しく下げる方法
・プリンタを購入するタイミング
の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。 2分くらいで読めますし、プリンタにかかる費用が大きく削減される可能性が高いので、まずはご一読を!

 

インク交換してから、色合いがおかしくなったら

色合いがおかしい原因の場合は、インクが固まって出ていないか、インクが化学反応を起こし変色しています。

インクの取り付けてる所から実際に印刷する部品のところ(ヘッドといいます)までにある、チューブの中に非純正インクが流れてしまうことにより変色します。

非純正インクを作ってるメーカーの品質が悪い印象です。粗悪なインクとチップなので使わないのがベストです。

正直、非純正インクメーカーとEPSONの争いに購入者が巻き込まれてる!って思ってます。

ひどい話です。エプソンに言っても取り合ってもらえないのでご注意ください。

もし、エプソンに問い合わせるとこんな回答になります。

「非純正品の使用に起因して生じた本体の損傷、故障については、保証期間内であっても有償修理となります。」

先手打ってきてる?!要するに、エプソンインク以外は使うな!って言いたいのね。

こちらのせいにされるので、これからは家電量販店のお姉さんを無視しましょうー

※修理を受けているこちらからすると純正インクを使ってる人は上記のトラブルはほとんどないし、
ヘッドクリーニング一回しただけで治ります

非純正インクを他で例えるなら、

  • ガソリン車に軽油を入れてるような状態
  • A型の人にB型の血液を輸血した状態です
  • 富士山麓天然水って書いてるのに水道水…

互換性インクを作ってるメーカーは、
プリンタのメーカーに
動作保証やインク成分の開示などはしてもらえていません。(お墨付きはナシ)

互換インクメーカーは自社で
エプソンプリンターを用意して、勝手に試験・研究しているだけです。(研究すらしてないところもありますが…)

ですので、非純正メーカーはインク不良の場合はインクの返金保証などの処置を行なっているところもあります。
とはいえ、エプソンは非純正インクを使って壊れたら修理してくれないこともあるようです。

繰り返しますがこれは、インク成分がインクチューブの中の化学反応によって起こる現象です。純正インクにもどしただけでは完治はしません。

その場合、修理になりますが、プリンタの修理も15000円ほどするので、修理に出しますか?それとも新品のプリンタでインク付きを買い換えるか・・・・・・あなたならどうしますか?

EPSONプリンタの失敗しない買い方

プリンタを買い替えたくない…という方は

完全復旧はできなくても、とりあえず印刷できるようにしたい!という方に応急処置を解説します。

この方法は、僕らサービスマンが行う方法なのでオススメはしません。その理由は、

  • インク漏れする事がある
  • インクを全色使い切るので贅沢

だからです。

高い純正インクをほぼ全部使う方法なので、
お金が8000円とかかかります。
オススメしませんので、ご自分の責任で行ってください)

(私は一切の責任を負いかねます。)

まず、純正の新品のインク(全色)を使い、チューブ内の非純正インクを捨て、純正インクで満たします。

ヘッド復旧手順

  • 新品のインク全色をプリンターに挿します
  • プリンタの設定→「ヘッドクリーニング」か「インク充填」をする。
    (チューブでインクを送るタイプのプリンタはインク充填しないと復活しません。
    インク充填が見つからない時は「ヘッドクリーニング」を3回でほぼ同じ効果です)

これだけです。私の家のプリンタ(EP-807AB)の画面になります。
EP-807ABはインク充填はないので、ヘッドクリーニングを行います
図解で解説します。

プリンタ操作1
ホーム画面から右矢印を選択する
セットアップを選択します
プリンタ操作3プリンタのお手入れを選択します
プリンタ操作4プリントヘッドのクリーニングを選択します
プリンタ操作5スタートボタンをタッチするとヘッドクリーニングが始まります。

これを行うと、一気に非純正インク捨てて純正インクをプリンターに満たすことができます。

しかし、2つデメリットがあります。

  • せっかく買った新品のインクは9割、なくなります。
  • 捨てた不要な非純正インクはプリンタの内部に溜め込んでいます。(廃インク)を、溜めて置く場所(吸収パッドというコットンみたいなもの)が満杯になるのが早くなります。(廃インク吸収パッド満杯エラーがでたら4000程の作業費でエプソンにパッドを交換してもらう必要があります)

結構お金もかかり、リスクもある方法なのであまりオススメしません。

しかも、復旧しないことも全然あります。
私たちの場合、ここから修理に入ります。

リスクもあるし、治らない時もあるので一般の方にはおすすめできない方法です。
どうしても切羽詰まっていて、一か八か…みたいな方法なので、プリンタを買い替えるほうが圧倒的に良いですよ。

純正インクが全色必要です。
インクの種類はいろいろありますので、「IC6CL□□」ののところの数字を間違えないようにしてください。
とりあえず「IC6CL□□」となっていると6本入りということです。
IC6CL80L」と書かれていれば80のインクで大容量タイプ(L)で6本入りという意味になります。

 

真っ白で印刷される

これは、インクを紙に出す部品(ヘッドと呼ばれます)が非純正インクによって吹き出し口が固まってる場合におこります。

この場合も、

純正インクを全本さして、ヘッドクリーニングを
行うことで復旧するかもしれません。

ただし、ヘッドで固まったインクが溶けてくれない事があるので、ヘッドクリーニングの後電源を切って半日放置します。

これは、電源切った時にヘッドにインクが染み込みます。時間が経ってからクリーニングすると固まったインクが柔らかくなって目づまりがとれることをねらっています。

これでもダメなら、メーカーへ有償修理に出すか、買い換えるかの2択になります。

厳しい言い方ですが、互換インク・詰め替えインクなど、いろいろ名前を変えて家電量販店で売られていますが、買って取り付けたのはあなたのせいになります。非純正を取り付けないことを強くオススメします。

非純正インクを使用した場合のトラブルは他にも

非純正インクでトラブルになる事はほかにもあります。

  • 基板が壊れて、すべての色のインクが認識しない
  • 用紙の通路がインクで汚れて、印刷すると紙がよごれる
  • プリンタから「ガツン!」と大きな音が鳴りプリンタエラー
  • プリンタから、インクが漏れてくる

など、例をあげるとたくさん出てきます。

これらは非純正インクを使用しなければ、発生しない故障です。

非純正インクで印刷できている状態は、ただただ運が良いとしか言えないので、いつ故障しても仕方ないというつもりでいましょう。


まとめ

①「インク交換してください」表示が出てインク全色認識しない。ICチップの汚れを拭き取る

②インク交換してから、色合いがおかしくなった→純正インクを全色取付けヘッドクリーニング3回

③真っ白で印刷される→純正インクを全色取付けヘッドクリーニング3回

これらの方法で復旧できるかもしれませんが、非純正インクを一度でもプリンタに取り付けられていて、インクを通しておられるならわたしはプリンタの買い替えをおすすめします。

今はインクが高く、プリンタが安い時代になっています。インクで8000円出すなら、インク付きのプリンタを15000円で買う方が長い目でみるとお得かと思ってます。これは、あなたの価値観なので好きなようにしてもらって良いと思うのですがご参考まで^ ^

今回はここまで!

終わり!

カスタマーエンジニアが選ぶEPSONプリンタの失敗しない買い方
「プリンタ本体より、インクの方が高いよね!」
こんなことがよくお客様から言われますし、心の中では私も同感です。 とはいえ、 ・そもそもなんであんなにインクは高いの? ・インクの安いプリンタはないの? ・プリンタ本体を買うときに注意する点は? という方も多いと思います。 そこでこの記事ではそんなプリンタの費用のお悩みを、
元プリンタの修理屋の観点から解決していければなと。 具体的には
・プリンタのインクが高価な理由
・インクのコストを正しく下げる方法
・プリンタを購入するタイミング
の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。 2分くらいで読めますし、プリンタにかかる費用が大きく削減される可能性が高いので、まずはご一読を!

 

タイトルとURLをコピーしました