RAID(0)とは?大切なデータが守る仕組み

RAID(0)とは?大切なデータが守る仕組み JOB
この記事は約5分で読めます。

※PCが苦手な方向け、初心者向けに説明しますので、たまにしか起こらない事例とか、ややこしい言葉・理論は省いています。得意な方にはご満足いただけないかもしれませんので、あらかじめお伝えしておきます。

PCに詳しくてより深く調べたい方は、RAIDの機能の記事がありますので載せておきます。→RAIDの機能(外部の記事になります)

PCやサーバーは、大切なデータを持っています。
その大切なデータはハードディスク(SSD)に入っています。
ですのでハードディスク(SSD)が故障すれば大切なデータが無くなり、PCはただの邪魔な機械になります。
買ってきたハードディスク(SSD)を取り付ければそれは、空っぽのパソコンになるだけで、今までのデータはこの世界には2度ともどりません。

RAID(0)とは?大切なデータが守る仕組み

 

これを防ぐために、2つのハードディスク(SSD)を取り付けます。
どちらかが壊れてもお互いを補ってくれるようにするのです。
ただ、お互いがすべてを同じだけ知っておかないと、どちらかが壊れた時点でやはり、データが戻らなくなるので、全く同じデータを同時に書き込ませたいのです。

そのためにRAID0という仕組みを使います。
この仕組みは、実際にはハードディスク(SSD)は2つなのですが、パソコン君からは、
「1つのハードディスク(SSD)」だと認識させてしまいます。2つで1つなので、ドラゴンボールでいうフュージョンみたいな感じです。
(僕と君は2人で1つさ…の方がわかりやすいでしょうか…)
2つのハードディスク(SSD)は1つとなっているので、パソコンのマイコンピュータとかで確認しても2つあるとかはわからないです。

RAID構築のメリット

RAID構築のメリット

なぜRAID などという面倒なことをするのか。
RAID には、ちゃんとメリットがあるからです。

①営業を止めなくて良い

想像してほしいのですが、
「うちのサーバー壊れました!サーバーが動きませんので、会社のデータは全てなくなりました。営業できません!」
こんなこと許されませんよね^_^
なので、ハードディスク(SSD)を2つ以上取り付けて、冗長(簡単にいうとバックアップ)しています。
そして片方のハードディスク(SSD)が壊れた時も、もう一方のハードディスク(SSD)が動いてくれます。
これなら営業は続けることができ、都合の良いタイミングで修理をすることができますね。

②復旧が比較的簡単

何度も言いますが、ハードディスク(SSD)自体は、正直大した価値はありません。
価値があるのは、中のデータです。
会社の会計データやエビデンス資料や写真などはとても大切ですね。
ハードディスクが壊れたら、いかにパソコンに詳しい方が現れても完全復旧できません。(データ復旧を謳う会社もありますが、とてつもなく高額ですね。会社の存亡がかかっているとか、国の国家機密とかなら支払う価値があると思いますが…まあ、データなので状態によっては、完全に戻せるかは不明です)

ですが、RAID構築されていて、片方のハードディスク(SSD)が故障しただけならハードディスク(SSD)を交換してRAIDの再構築すれば元通りです。

RAIDの異常が出た場合どうしたらいいの?

RAIDの異常が出た場合どうしたらいいの?

 

あなたのパソコンやサーバーでRAID異常の警告が出てきたらとりあえず要注意です。このままRAID異常を放置すると、もう一方のハードディスク(SSD)だけが頼りです。これを放置してもう一方が壊れたら...取り返しがつかないことになります。
でも安心してください。メーカーへ電話し保守サービスの方であれば復旧できます。個人では手を出さないのがセオリーです。

RAID異常ってどんな状態なの?

「でもでも、今は普通に動いているよ」と言われると思います。(動いていない方は、もっともっとまずい状態です。メーカーはすぐにTELしてくださいー!)
ちゃんと動いているのは、もう一方のハードディスク(SSD)があるからですね。

RAID修理はメーカーに任せよう

必ずメーカー修理、保守サービス会社に依頼しましょう!
失敗すれば、元気だったもう一つのハードディスク(SSD)も壊れてしまいます。
どうしてもご自分でやらなくては、ならない場合も、まずはメーカーに問い合わせをしましょう。
そして、どのような手順で作業するのかなど、詳しく聞きまくってください。
とても簡単に復旧できるように作られている機種もありますが、それでも慎重にやるのがベターです。(一瞬の不手際で、何年もの実績がとんでしまいます)

RAID再構築は時間がかかる

RAID再構築は時間がかかる

修理を依頼した場合、保守サービスのお兄さんから、
「RAIDの再構築を始めました。終了までに今から2日程かかります」と言われる事があるかもしれません。
ちょっとした、PCとかなら3時間とかで終わりますが、サーバーとかになると2日とか3日とか、普通にかかりますのでビックリしないでくださいね。
でもRAID再構築してる間も、PCやサーバーは使用できます。
ただ、ハードディスク(SSD)は大忙しで動いているので、いつもより動きは遅いかもしれません。
遅いのは我慢してあげてください。PCはめちゃくちゃ頑張っています。
がんばり中はこんな状態です↓

・正常なハードディスク(SSD)→新しくやってきたハードディスク(SSD)に自分の持ってる情報を教えてあげてる。
・正常なハードディスク(SSD)はいつもの業務もこなしている(人間だったらブチ切れてますね)

まとめ

RAIDという仕組みは、データを救うためのシステムなので、そのままご使用し続けて放置しないようにしてください。
また、個人で修理しようとしないでください。保守サービスマンでも、毎回機種にあったハードディスク(SSD)を用意しマニュアルを持参して作業しています。間違いが許されない作業になるので、注意してくださいね。
ではでは~!(^^)!

 

 

JOB
シェアする
vonblog
タイトルとURLをコピーしました