プログラミングが勉強できるサイト【オンライン可】

プログラミングを勉強できるサイト 自己研鑽
この記事は約6分で読めます。

プログラミング学習って何からやればいいの?

「プログラミング学習って何から始めればいいの?そもそもプログラミングって何?

プログラミングがこれから来るって聞くけどどうしたらいいの?、学生時代にやらされたけど苦手だった…どうやるのが正しいの?」

今回は、プログラミングの学習方法について解説したいと思います。

 

本記事の目次

プログラミングが勉強できるサイト【オンライン可】

プログラミング学習とは(3つのステップ)

 

①目標を決めよう:プログラミングを副業・本業にする

②プログラミングって?:そもそもプログラミングってなに?

③働き方の自由度が高い:就職して本業・フリーランス登録で副業

④プログラミングサイトを利用するなら


 

 

この記事は「プログラミング学習って何からやればいいの?」という初心者向けとなります。

この記事を読めば、「プログラミング学習って?、現実的な方法、稼ぐ」の概要を知り、あなたの選択肢の一つになってくれます。

「プログラミングは少しやってみたけど苦手だな…」と思ったことのある方も(私もその一人です)正しく向き合ってみると、とても面白い事にお気づき頂けると思います。

①目標を決めよう:プログラミングを副業・本業にする

目標は、「仕事を受け、納品しお金を受け取る」ことにしましょう。

最初は、金額が少なかろうが簡単な仕事だろうが構いません。初めのうちは信用をつけていくことの方が重要です。そのうち、同じ仕事内容でも取引先との信頼関係ができてくると、少しずつ規模の大きい仕事を依頼されるようになります。

また、プログラミングで仕事ができるようになると、自分の好きな時間や好きな場所で仕事を進める事ができます。こんなに働き方が自由な職種は珍しいと思います。

         

なお、ウェブ上に仕事は山ほど転がっているますので、「仕事がない」なんて事は、まずあり得ません。本業のプログラマーも世の企業には全く足りておらず、金の卵状態です。

副業として働くのもウェブから仕事をもらってウェブ上にアップロードして納品・チェックされて完了です。

さっきから何度か出てくる「ウェブ上」というのは、例えばランサーズなどです。

1件あたりの金額を見ていただければ分かりますが、まともなプログラミングの案件であれば5000円から400000円まで様々です。副業でも、かなり大きい金額ですね。

②プログラミングって?:そもそもプログラミングってなに?

プログラミングとは、人間がパソコンにわかる言葉で命令文を書いてあげる事です。

パソコンに「これをやってねー」とお願いするからには、指示に間違いがあってはいけないです。しかし、どんなに長文だったり人間だったら面倒な事も、指示が正しければやり遂げようとしてくれます。人間へお願いするよりも確実です。(笑)

プログラミング言語についてですが、種類はとてもたくさんあります。そして、そのプログラミング言語を扱う業種も、言語によって業界が分かれてきます。

Webサイトを作るためのプログラミング言語(HTML・CSS・JavaScriptなど)

アプリを作るためのプログラミン言語(Ruby・Python・c言語など)

興味がある業種で構わないと思います。が、迷うくらいであれば、Webサイトを作る「HTML」というプログラミング言語をオススメします。

それは、4つの理由があります。


①プログラムソフトの購入の必要がない。(メモ帳とブラウザが用意できれば可能)

②(やってみると分かります)プログラムを実行した際に、ブラウザに表示される事が楽しい。

③職種として需要があり過ぎるぐらいある。(稼ぐ事が容易)


HTMLであれば、パソコン1台あれば、すぐにでも始められます。

やらない理由は無くなりました・・・一緒にやりましょう!

 

 

③働き方の自由度が高い:就職して本業・フリーランス登録で副業

 

先ほども少し触れていますが、働き方を選ぶ事ができます。

毎日、会社に行って8時間・12時間も拘束されて・・・

こんな働き方がよければ、それも可能。

しかし、南の島でバカンスしながらプログラミング(インターネット環境は必要ですが・・・)

と言ったような働き方も望めば可能です。

後者の場合は、フリーランスとして働くことになるので、会社を起こすか、せめて個人事業主となる必要はあります。でも、お医者さんではないですが、独立開業も普通に行われています。

プログラミング学習の仕方

基礎勉強(インプット)→ プログラムを書き込み、実行結果をWebへ表示する(アウトプット)→基礎勉強(インプット)」という繰り返しです。

これは地道なように見えますが、自分自身が言葉を使って指示を出す→結果を確認する

これをひたすらやっていくことで成長していくかありません。

なので、毎日やる必要はあります。(数日に一度のペースで勉強しても短期記憶なので、すぐにプログラムの使い方を忘れちゃいます。できれば毎日)

現在は、本など買わなくてもプログラムの記事や動画が転がっているので、基礎レベルの間は、問題ないと思います。(本が悪いと言っているのではありません。)

あとは、スマホの無料アプリで学べる「progate」は基礎固めくらいまでですが、きっかけにはとても良いですね。さらに有料もあり中級レベルもあるようです。プロゲートホームページ

独学でプログラミングは問題なく学習できるのですが、どうしても「習いたい」という方がいらっしゃいます。ですので、お伝えした事があります。

それは、

学校の勉強のように、暗記して点数をとる為の学習ではありません。

まず、「自分で書いてみて>間違いを正す」を繰り返す。
ホワイトボード上で習うことで早く成長するわけではありません。ただし、わからない・頭打ちした時に聞ける先生はいると解決は早いと思います。
優しい事を謳っているスクールはあまりお勧めできませんね。

 

④プログラミングサイトを利用するなら

プログラミングが勉強できるサイト【オンライン可】

今のところオススメはテックキャンプ。
オンラインで「聞ける人が、常にいる」この環境作りに力を入れている。
・3ヶ月での就職を目指す。
・10日間のお試し期間(10日の間なら全額返金保証付き)
・PCを持ってない場合はPCの貸し出し制度あり(有料)
・他人に甘えすぎず、聞きたい時に甘えられる。適切でちょうどいいと思います。

↓ 詳細は、ホームページへ飛んでくださいね。
未経験から最短でエンジニア転職を目指す

いかがだったでしょうか

プログラミング学習についてお話ししてきましたが、パソコン1台あれば始められるのに、遠い存在だったのではないでしょうか。

企業は、働き手が足りず本当に困っています。ソフトウェアの開発でもWeb開発でも、正直ブルーオーシャン状態になっています。労働者として働くにしても強気に生きていける業種です。

あなたはどうしますか?

では、また。( ^ω^ )

自己研鑽
シェアする
vonblog
タイトルとURLをコピーしました